単なるあげ足取りにはしたくありません


 取り上げて私の思うところを書きたいと感じる記事がたくさんあります。
 もちろんマネー系です。

 前提条件に疑問を感じたり、そのお勧め商品が先なの!?と思ったり。でも、あくまでも記事ですのでインタビューを受けている側の専門家も本意ではないことしか載っていないかもしれませんし、限られた文面ではすべては伝え切れないこともわかっているつもりです。

 ですので私は怖くて匿名でしか受けられなかったりします。
 週刊東洋経済の特集「格差サバイバル術」に匿名で誌面に登場しました。
 (あっ、もちろんインタビューを受ける機会そのものは圧倒的に少ないわけですが)

 単なるあげ足取りにはしたくありませんので、思うところを書くだけでもかなり長くなってしまうのが私の特徴です。(特長ではありません)
 ですので、日々の活動状況を書いているだけ(?)のほうが使う時間を考えた場合にはラクだと言えます(すみません。


 無料のマネーセミナーもにぎわっているようです。
 最近は特に「女性のためのマネーセミナー」の見出しが増えているように感じます。

 稀にその内容やセミナー後の無料相談に疑問を感じて、私の有料相談を依頼くださるケースもあるのですが、それは本当に稀なのだと思います。そもそも疑問を感じず信頼されてそのまま勧められた金融商品を購入したり契約したりされる方々の方が多いと思いますし、疑問を感じてファイナンシャルプランナー(FP)はそんなものかと他のFPを探されないケースだってあると思います。

 ここでは「疑問を感じる」という表現を使っていますが、もちろん誰かを悪者にしたいわけではなく、他の選択肢も知ってもらう機会があって欲しいと願っているだけです。

 <過去参照コラム>お金にまつわる無料セミナーと有料セミナー

----------

 2015年9月13日実施分のFP技能士検定の結果が10/27(火)に公開されました。
 受検された皆さま、結果はいかがでしたでしょうか。

 受検日の翌日には模範解答も公開されていますので、多くの方々はおおよそ事前に把握されていたかと思いますが、きちんと確定された結果で一喜一憂もあろうかと思います。

 ファイナンシャルプランナーは「生活するなかで関わるお金すべてに詳しい専門家」だと私は説明します。講師を務めているFP3級講座で得られるのは、専門家までは到達しなくとも専門家と話したり説明を受けたり記事を読んだりした時に「この言葉は知っている」「この言葉は聞いたことがあるから後で調べてみよう」と思える知識です。
 
 2級以上をめざされる方々、またはこれから3級を学ばれる方々、ぜひとも資格を取ることだけにとらわれず幅広い視点で情報に接してみていただきたいです。

----------

 28(水)終日事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)