6年半前に公的年金について熱心にたいせつさを語って


 14(土)午後、枚方市のHさんご夫妻が雨の中、事務所へお越しくださいました。

 生命保険相談の最終盤、保障内容と保険料を確認し、手続きをサポートさせていただきました。起きることはほぼないけれど起きてしまったときには大変なことになってしまう可能性があることだけに注力して備えるというこだわりのプランにまとまりました。
 次回は確定拠出年金個人型についてのアドバイスを進めさせていただくことになるかと思います。たくさんの参考図書もご紹介しながらの笑顔笑顔の時間でした。

 Hさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

----------

 15(日)午前中、京都北部の個人事業主Tさんが事務所へお越しくださいました。

 Tさんとのお付き合いも早いもので6年半なのですが、お会いしたのは約6年ぶり。団体保険と保険商品→遺族年金と高額療養費→がん保障と所得補償→教育資金の考え方→小規模企業共済と確定拠出年金個人型→火災保険と個人賠償責任保険という幅広すぎな3時間の相談となりました。

 京都市内に拠点を置く私とは距離の問題がありますので、気軽に顔を合わせられる地元やその周辺でFP資格を持った専門家を探してみられたこともあったそうです。保険の無料相談であったり、ファイナンシャルプランナー(FP)を名乗っていても結局は収益構造が金融商品販売に偏っていたりする方々しかおられなかったそうで、6年半前に公的年金について熱心にたいせつさを語っていた私にこうして今回も依頼をくださったということでした。正直に、とても嬉しかったです。

 次回は所得補償と確定拠出年金個人型について踏み込んだお話を進めさせていただく予定です。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

----------

 土曜はパリでテロがありました。120名を超える犠牲者というのはとんでもない事実なのですが、先進国の都市で起きてしまったことだからこうして大きな報道になり、おそらく月曜朝からのさまざまな金融市場にも大きな影響が出てくることでしょう。でも、実際に紛争が続いている国々では、この規模の大きな被害が当たり前とは言いませんが、日常に近いくらい頻発しているのです。報道であったりSNS(特にfacebook)での動きを目にして、いろいろと考えさせられました。

 今の日本の平和だっていつ一変するのかわからないのかもしれませんが、平和な日々にただただ感謝です。


 16(月)終日事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)