小さな字の説明書きを読んでみようと思えること


 27(金)の昼と夜、滋賀リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」の10回目の講師を務めました。

 滋賀では初開催ですが、FP講座としては今回で9シーズン目(計14回目)となる全13回の講座です。昼クラスは13時30分~15時20分、夜クラスは18時30分~20時20分の110分で、来年1月初旬まで4ヶ月の長丁場です。

 <第10回目の項目>
 タックスプランニング③
 ・源泉徴収票の読み方のおさらい
 ・税額控除
 ・確定申告書と青色申告
 不動産①
 ・不動産の基礎(用語・土地の価格・登記など)
 ・不動産の取引(媒介契約の種類・手付金など)


 FP3級の税知識として私の講座で到達目標にしているのは、源泉徴収票が読めるようになること。
 所得控除・税額控除を知り、税計算の考え方を知ることができれば、他の課目で学ぶ仕組みと合わせてより有利な仕組みを手にできるための知恵を得ていただけると考えています。

 不動産の前半では用語や仕組みの基礎をシンプルに解説しました。これまでの経験からこの課目は特に興味を持たれる人とそうでない人が両極端に分かれる傾向があると感じています。
 3級での到達目標は「不動産広告にある小さな字の説明書きを読んでみようと思えること」に設定しています。

 皆さま、残るは3回です。次回もよろしくお願いします!

----------

 JR草津駅前がクリスマスイルミネーションできれいです。
 151127_01 151127_02
 撮影してみましたが、ぶれてました…
 

 28(土)終日事務所で個別相談2件お受けします。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)