「おおよそで問題ない」


 2(火)午後、Yさんのご相談をお受けしました。

 ちょっと特殊な事情をお持ちのYさんでして、役員として関わっておられる法人の生命保険とご自身の資産管理としての資産運用についてのお話しとなりました。

 どこまで踏み込んだアドバイスを必要としてくださるのかは人それぞれです。もちろんすべての情報を明らかにしてもらったうえでのアドバイスが私としても安心なのですが、おおよそで問題ないというケースも当然ながらあり得ます。
 その「おおよそで問題ない」というのも幅があるので悩ましいと言えば悩ましいのですが、おおよその全体の状況をお聞かせいただきながら落としどころを探るというのも専門家としての私の役割かなと感じる次第です。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 朝一番は、敏腕営業マンIさんが事務所へ来られて久しぶりの情報交換を。

 ふるさと納税・医療費控除・扶養の考え方という流れのお話しとなりました。
 相談のような情報交換のような、このバランス感覚がIさんとの醍醐味です。

 Iさん、ありがとうございました!!

-----

 私、4月始まりの手帳を使っています。世の中の需要的には1月始まりのほうが多いようで、取り扱いの開始がいつも2月に入ってからです。年末くらいから4月始まりも扱われてほしいと毎年感じるところです。


 3(水)終日事務所の予定です。夜は京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座(全13回)」夜コースの第1回目です。 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)