さまざまな制度と税の仕組みの両方を押さえていることで


 30(水)夜、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」の9回目の講師を務めました。

 今回で記念すべき10シーズン目(計16回目)となる全13回、水曜夜コース18時30分~20時20分、金曜朝コースは10時20分~12時10分の110分の講座で、4月下旬まで3ヶ月の長丁場です。

 <第9回目の項目>
 タックスプランニング①
 ・所得税の基礎
 ・所得の種類
 ・損益通算
 ・所得控除の種類


 所得税とは収入税ではありません。「所得」税です。
 所得を言い換えると「もうけ」です。
 もうけに対して税がかかるのが所得税です。

 もうけを導き出すには、経費と「控除」の知識が必要です。
 控除を言い換えると「もうけを差し引く」仕組みです。
 控除が多ければもうけが減ることになり、結果として税も減ります。
 反対に控除が少なければもうけは減らず、結果として税も減りません。

 税の専門家は税理士さんです。FPは個別具体的な税計算は対応できませんし、税務相談を受けることはできません。

 単独の税知識ではなく、これまで学んできた社会保険・生命保険/損害保険・金融商品ともつながりをお話しできるのもFPの幅広い領域ならではですし、さまざまな制度と税の仕組みの両方を押さえていることで、たくさんの選択肢を知ることができるのがFP資格の特長だと思っています。

 皆さま、お疲れさまでした!次回は5つ目の不動産にも突入します!

-----

 年度末ですね。

 某金融機関の担当さんが年度末で数字があとほんのわずかに足りないので何とか協力してもらえないかとつい先日連絡がありまして、特定の金融商品を紹介・購入しないといけないものではありませんでしたのでいつもお世話になっていますから協力できるかなと思いまして、該当しそうな人でお願いできそうな相談者さんに声を掛けようかと準備し、連絡を入れようかとしていたその直前に「数え間違いがありましてクリアできていました!お騒がせしました!」ということで、私は何もお手伝いしていませんでしたけれど、とりあえずめでたい年度末です。

 無理矢理に1つの文章で書きあげてみました。



 桜の季節ですね。写真を撮るタイミングが図れていません。加茂川はもう少しかなという感じで目にしましたけれど、鴨川は咲いているかもしれません(すみません、見てません)。

 31(木)終日事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)