到達目標は源泉徴収票が読めるようになること


 6(水)夜、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」の10回目の講師を務めました。

 今回で記念すべき10シーズン目(計16回目)となる全13回、水曜夜コース18時30分~20時20分、金曜朝コースは10時20分~12時10分の110分の講座で、2月初旬から4月下旬まで3ヶ月の長丁場です。

 <第10回目の項目>
 タックスプランニング②
 ・所得控除の種類(配偶者控除・扶養控除など)
 ・源泉徴収票の読み方
 ・税額計算と税額控除(住宅ローン控除)
 ・確定申告と青色申告
 不動産①
 ・不動産の基礎(用語・土地の価格・登記など)


 FP3級の税知識として私の講座で到達目標にしているのは、源泉徴収票が読めるようになること。
 所得控除・税額控除を知り、税計算の考え方を知ることができれば、他の課目で学ぶ仕組みと合わせて、より有利な選択肢を得るための知恵を身につけることができると考えています。

 不動産では最初に用語の基礎をシンプルに解説します。これまでの経験から、金融資産運用と合わせてこの課目は興味を持たれる人とそうでない人が両極端に分かれる傾向があると感じています。
 3級での到達目標は「不動産広告にある小さな字の説明書きを読んでみようと思えること」に設定しています。

 皆さま、残るは3回です。次回もよろしくお願いします!

-----

 4/6(水)から4/10(日)までの5日間、京都御所 春の一般公開があります。
 今出川通は加茂大橋の工事も重なって特に東向きは混み合いそうです。車で移動される皆さま、お気をつけください。


 7(木)終日事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)