現状を把握しないまま先は見通せません


 19(火)午前中、山科区のHさんのお宅を訪問。

 相続および家計相談の継続対応です。税理士さんと一緒に対応を進めていまして、私が中心となっているのがいくつかあり、そのうちの1つを改めてご両親にご説明させていただきました。
 
 何事もそうなのですが、簡単な1つの対応で劇的にすべてがうまくいくような裏技というのはほぼ存在しないと思っていただいて良いです。こうして1つずつ地道に着実に考えうる手段を積み重ねていく他ありませんし、これがゴールへの近道だと考えます。

 Hさん、皆さま、ありがとうございました!!

-----

 午後、大津市のHさんが事務所へお越しくださいました。

 奨学金・自動車ローンの返済と家計管理→国民年金・国民健康保険と厚生年金・健康保険の仕組み→1馬力と2馬力(共働き)の違いと家事負担といった流れの初回相談となりました。

 先を考えるためにはまず現状を知らねばなりません。現状を把握しないまま先は見通せません。
 夫婦間のお金まわりについて理想は2人ともがすべて把握していることなのかもしれません。でも得手不得手があるわけですし、夫・妻どちらかが一手に担う形式でも問題ないと思います。残念ながら正解はありません。いろいろと試しながら、できるだけ手間のかからない手法を見つけ出してもらうしかないようにも思います。

 Hさん、ありがとうございました!!

-----

 4月上旬に満開だった近所のしだれ桜は鮮やかな緑に変わっています。

 160420_01

 もちろんこの時期に人は集まらないのですが、個人的にはこちらも大好きです。
 

 20(水)個別相談2件お受けします。夜は京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座(全13回)」夜クラスの第12回目です。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)