優先的にどれから現金化していくのか


 17(火)午後、上京区のHさんが事務所へお越しくださいました。

 いくつかお持ちの金融商品につきまして、優先的にどれから現金化していくほうが良いのかアドバイスを求めてくださいました。

 お金に色はついていません。何を売却しても何を解約してもお金はお金です。使い道と今後を考えてどの金融商品を残しておくのか、はっきりとした正解はありません。でもやはり、専門家ならではの視点を加えていただくこと、現金化までの手間や日数というポイントもたいせつですし、全売却や全解約ではなく部分的な売却や部分的な解約という手法を取れる金融商品もあるわけです。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 夕方、大阪のHさんが事務所へお越しくださいました。

 生命保険見直しも最終版です。手続きを進めておられる中でのサポートとアドバイスを対応させていただいています。若干ですが紆余曲折ありましたけれど、できる限りの要望を満たした最終プランに落ち着くことができそうです。
 
 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!! 

-----

 18(水)午後、某経営者会議に出席してまいりました。

 私以外は独占業務を持つ専門士業さんです。各専門性について2名以上おられるわけですが、私の専門性(FP)を持っているのは私だけですので自分自身でかくのも何ですが頼りにしてくださっていると思います。

 公的年金や金融商品に関する視点は無くても大勢に影響は無いかもしれませんが、間違いなくより良い過程や結果が得られますし、メンバーの皆さんもその重要性を認識してくださっています。引き続きがんばらねばです。

 皆さま、ありがとうございました!!
 
-----

 19(木)終日外出の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)