折衷案を一緒にまとめる時間


 先週後半のまとめです。


 8(金)大阪某所にお住まいのAさんの相談をお受けしました。

 現在毎月積立されている投資信託についてアドバイスして欲しいということで、現在の保有内容を確認させていただきました。

 基本的に値動きは気にしない確認方針です。数ヶ月~1年~数年で必要なお金なのであれば投資信託をはじめとした投資性商品は勧めません。10年以上先であれば特に直近の値動きなんて気にしても意味がありません。
 チェックポイントのキーワードは純資産・手数料・分散です。この視点を適用すると選択肢はおのずと決まってきます。

 Aさん、とても喜んでくださったのが印象的でした。ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 9(土)午後、宇治市のSさんが事務所へお越しくださいました。

 相続発生後の資産管理・資産整理について、これまでの私からの提案内容とご家族の検討状況をあわせて、折衷案を一緒にまとめる時間となりました。
 何もしないのが0、超積極的に動くのが10とすると、私の提案は4~5くらいでしょうか。これを1~2程度まで調整しました。これでも十分なことだと思います。0から1にするのが一番大変なことですから。

 Sさんご自身の近況なども伺えましたので、今後の段取りも明確にすることができたと思います。

 Sさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 10(日)は選挙がありました。

 ツイッターとfacebookでは若干違いもありますが、一括りとしてSNSと実際の結果の違いは本当に興味深いものがあります。SNSで盛り上げている(盛り上がっている)のは本当にひと握りなのだと感じさせられます。

 私の興味は投票率でして年代別の投票率情報は特に興味があります。詳細な情報はまだ公になっていませんが、全体は54.7%。とりあえず過去最低ではなかったことが救いかなと感じます。
 とはいえ、45.3%もの人は投票に行っていないということです。選挙において白票・棄権はいわゆる委任だと私は思っています。そうなると、現在の政権党には非常に大きな信任が集まっているということです。
 もちろんそもそも投票に行ける状況にない有権者の方々もおられます。高齢すぎる、病気・障害があるなどです。そういった方々がどれくらいの割合か想像もつきませんし、私自身が政権党を応援しているわけではありませんが、投票されなかった人たちはこの意味合いを考えないといけないのではと感じます。


 11(月)日中は外出の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)