金融リテラシーと知識・判断力


 リテラシー【literacy】

 与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。

-----

 金融リテラシーという言葉があります。

 日本証券業協会のwebサイトによると、

 「金融に関する知識や情報を正しく理解し、自らが主体的に判断することのできる能力であり、社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキルです。
  国民一人ひとりが金融リテラシーを身に付けることは、健全で質の高い金融商品の供給を促し、我が国の家計金融資産の有効活用につながることが期待されます。」

 だそうです。知識および判断力というまとめ方が多いように思います。


 金融庁のまとめた「最低限身につけるべき金融リテラシー」(PDFファイル注意)では、4分野15項目に整理されています。

 2013年4月に公表された資料から引用です。
 リンク先はカラーのきれいな冊子ですので、より読みやすいです。

-----

■家計管理

1.適切な収支管理(赤字解消・黒字確保)の習慣化


■生活設計

2.ライフプランの明確化及びライフプランを踏まえた資金の確保の必要性の理解


■金融知識及び金融経済事情の理解と適切な金融商品の利用選択

<金融取引の基本としての素養>
3.契約にかかる基本的な姿勢の習慣化
4.情報の入手先や契約の相手方である業者が信頼できる者であるかどうかの確認の習慣化
5.インターネット取引は利便性が高い一方、対面取引の場合とは異なる注意点があることの理解

<金融分野共通>
6.金融経済教育において基礎となる重要な事項(金利(単利、複利)、インフレ、デフレ、為替、リスク・リターン等)や金融経済情勢に応じた金融商品の利用選択についての理解
7.取引の実質的なコスト(価格)について把握することの重要性の理解

<保険商品>
8.自分にとって保険でカバーすべき事象(死亡・疾病・火災等)が何かの理解
9.カバーすべき事象発現時の経済的保障の必要額の理解

<ローン・クレジット>
10.住宅ローンを組む際の留意点の理解
①無理のない借入限度額の設定、返済計画を立てることの重要性
②返済を困難とする諸事情の発生への備えの重要性
11.無計画・無謀なカードローン等やクレジットカードの利用を行わないことの習慣化

<資産形成商品>
12.人によってリスク許容度は異なるが、仮により高いリターンを得ようとする場合には、より高いリスクを伴うことの理解
13.資産形成における分散(運用資産の分散・投資時期の分散)の効果の理解
14.資産形成における長期運用の効果の理解


■外部の知見の適切な活用

15.金融商品を利用するにあたり、外部の知見を適切に活用する必要性の理解


-----

 私が書くのはおこがましいですが、よくまとまっていますし、さらに金融リテラシー・マップ(PDFファイル注意)という別紙では項目別・年齢層別にまとめられていて、学習指導要領にそのまま掲載してもらいたいと思えるほどたいせつな内容です。

 そもそもこれらの文章をきちんと理解できることに金融リテラシーの高さが求められるようにも思いますが、これでも「最低限身につけるべき」ですから現代社会で生活していくのは多くの方々にとって難易度が高そうです。


 金融リテラシーが高い=投資や運用で儲けられる
 このように受け取ってしまう人もおられるかもしれません。

 自分自身で「最低限身につける」ことはたいせつです。
 でも現実には身につける場がありません。これが悩ましいところです。


 ファイナンシャルプランナー(FP)のカバーする範囲としても、ライフプランニングと資金計画の前半・リスク管理(生命保険・損害保険)・金融資産運用設計、この3つが該当します。

 ただし、資格取得のための内容としてはあくまでも「知識」であり、「判断力」をテキストや検定で身につけることはできませんから、例えば受講した講座でその講師がどれだけ実務を織り交ぜているかが大きなポイントになると感じます。(僭越ながら私が講師を務めるFP講座では「生活に役立つ知識」を強く意識しています)

 単に知識を得るだけでは各金融の存在を知ることはできても、習慣化や理解にまで達することができるのは余程の経験や体験がなければ難しいです。


 皆さまはどのように感じられますでしょうか。

-----

 この金融リテラシーについて、今年2016年2~3月に25000人をも対象とした初の全国調査が実施されました。

 金融リテラシー調査2016年調査結果

 この内容については次の記事で取り上げたいと思います。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)