事故のあと不利になるのを防ぐドライブレコーダー


 自家用車をお持ちの皆さま、ドライブレコーダーはつけておられますでしょうか。



 とりあえず記事タイトルはミスリードです。

  × 事故のあと有利になる
  ○ 事故のあと不利になるのを防ぐ

 引用していますが、まずはお間違えのないようにお願いします。

-----

 自動車保険(任意保険)と同じくらいたいせつなのがドライブレコーダーでしょう。

 このブログをお読みくださっている方々が無謀な運転をされているとは思えません。こちらがどれだけ気をつけていても相手が突っ込んできた事故は避けようがありません。
 そんなことが起こってしまった場合に、確固たる証拠になるのは映像です。信号や周りや相手の状況がきちんと記録になるわけです。


 ただし、多くのケースでカメラは正面だけではないでしょうか。私も正面だけです。
 もちろん正面だけでも無いより十分に効用は高いでしょうけれど、360度の記録であることが本来は望ましいのだと思います。
 
 慣れている人なら自分で買って自分で設置で問題ないかと思いますが、不慣れな場合にはコストがかかっても車検や点検の際に追加で依頼して搭載するというのも選択肢でしょう。


 幸いにして私自身、こういった記録が必要となった事故を起こしたことはありませんし、巻き込まれたこともありません。これからの車には標準装備が望ましいと感じるドライブレコーダーです。

 機種もたくさんあり、価格帯も幅が広いです。さまざまな機能もあったりすると思いますが、シンプルに鮮明な画像が録れるものを選びたいものです。

 お車をお持ちでまだつけておられない皆さま、強くお勧めします。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)