公正証書遺言における肩書としてのファイナンシャルプランナー


 16(火)某公証人役場へ行ってきました。
 相談者Tさんの公正証書遺言で証人として立ち会わせていただきました。

 資産管理・資産整理をお手伝いし、遺言に関しては司法書士さんと一緒に対応し、できあがった文章を私も事前に確認させていただいていましたので、最終の読みあわせは私自身にとっても感慨深いです。

 公正証書遺言では証人が2人必要です。1人は司法書士さん、そしてもう1人が私です。
 肩書が「ファイナンシャルプランナー」であることが個人的にはとても嬉しいです。

 5年前に初めて証人を務め、その時にももちろん肩書はファイナンシャルプランナーだったわけですけれど、公証人役場・公証人の方々からファイナンシャルプランナーは肩書として認めてもらえていることが本当に嬉しかった記憶があります。
 

 法的な文章にすると少しわかりにくい表現も改めて司法書士さんと私から説明させていただき、起こりそうにはないレアケースが起きてしまったとしても行き届いた内容にまとめることができ、司法書士さんに感謝感謝です。

 遺言の前段階である任意後見人の考え方、そして考えるうえでの前段階となるエンディングノートについても改めて説明し、今後の検討課題となりました。

 Tさん、関係者の皆さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 夜は五山の送り火、大文字焼の日でしたが、驚くほどの大雨で外で見ることは諦めてテレビで見ました。
 
 ツイッターやfacebookでは写真を投稿している人もおられましたが、テレビでは「大」に火がついていなかったように見えて心配になっていました。
 わが家では子どもたちでもわかりやすいように「まんまんちゃんあん」です。これって関西の表現だと思うので、??ってなる人多そうですけれど。

 まだ終わっていませんが、夏もひと段落という気持ちになる送り火です。

-----

 17(水)朝から外出です。夕方以降事務所の予定です。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)