地蔵盆2つと作品展2つ


 21(日)自宅の町内・事務所の町内、両方で地蔵盆がありました。

 朝の準備・住職によるお参り・おもちゃを配って・子どもたちは水遊び・輪投げ・お菓子を配って・子どもたちが遊んでるのを見守って・夜は花火。なかなかもりだくさんな一日でした。

 町内によって、お地蔵さんと子どもたちの見守りは時間で当番を決めているところ、当番はなく自由なところ、運営方法はそれぞれです。後者だとわが子を他の親に任せてしまうというのはなかなかできない(地域な)ので、ずっと立ち会っていないといけないのはそれなりに負担ですよね。小学校の高学年なら問題ないでしょうけれど、小さな子どもの場合には尚更です。

 地蔵盆は小さな子を持つ親と町内の役員の方々にとって大変な一日です(笑)
 感謝感謝です。

 160823_04
 事務所のある町内では福引券の本気度も違います。

-----

 この夏休みに5年生の長男と3年生の次男の作品がそれぞれ入選したということで会場へ足を運んで見てきました。

 長男は「京都こども美術展」

 160823_05 160823_01
 花をもつ友だち

 学校単位で選ばれるのが3人くらいだったら、1学年1クラスの小規模校だと選ばれやすいですよね(笑)

 左の空間バランスがいい感じです^^(いや知らんけど。
 市長賞とか教育長賞とか特選の作品はひと味違いました。



 次男は「京都市小学校作品展」

 160823_02 160823_03
 〇〇(名前)城

 クラスで3人選ばれたとのことでしたが、展示されていたのは次男の作品だけでした。それって、、、。

 土台と上に乗っている構造物のバランスが…これが良いのでしょうか。
 私にはまったく分かりません(笑) 

 親としては嬉しい限りです。

-----

 23(火)某事業所を訪問しての相談対応です。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)