すべては積み重ね


 小ネタです。

 京都市の市民しんぶんに掲載されていたとある情報です。

 160830_01

 詳細はこちらです。
 クレジットカード継続払いのお申込について<京都市上下水道局>

 おっ、クレジットカード払いができるのか。
 口座引落しと違ってポイント貯まるから切り替えようか。
 そう思ってしまわれるのは普通のことだと思います。


 上下水道料金の「口座振替割引制度」について<京都市上下水道局>

 口座振替だと88円/2ヶ月の割引がありますが、クレジットカードだと対象外です。
 (京都市は2ヶ月に1回まとめて請求されます)

 使用量によってお得度は変わってきそうです。


 例えば5人家族のわが家は年間の平均が10000~11000円/2ヶ月です。

 クレジットカードのポイント還元率は0.5%が一般的で、ボーナスポイント等を加えても1%未満が多いかなと思います。
 0.5%であれば50~55円、1%であれば100~110円です。
 (1.25%や1.5%など高いカードをお持ちのケースもあると思いますので、個別で試算をお願いします)

 1~2人の生活だと上下水道の使用料はもっと少ないと思われます。
 ポイント高還元率のカードを意識的に使っておられて、家族の人数が3人くらい以上(?)だと、多くのケースでクレジットカード払いが有利になるのかなと感じます。


 悩むほどの状況であれば、単純に口座引き落としで88円×6回=528円/年のお得でも良いでしょうし、支出はできるだけカード払いにしているというケース出れば悩まずに選べれ手も良いように思います。すみません、明確な基準は人それぞれなので答えがありません。

-----

 なお、個人的にポイント高還元率のクレジットカードを追い求めるのはお勧めしていません。

 還元率は恒久的なものではありません。変更は多々ありますし、その度に調べる手間や乗り換える手間、ポイントをきれいに使い切れなくて余らせてしまうことを考えれば、余程の出張族でカード精算がある場合などを除くと、その効果には疑問を感じるからです。


 これは定期預金でも同じです。

 少しでも金利の高い定期預金を求めて各種金融機関に口座を作ってしまわれるケースがたまにあります。
 0.1%の違いは100万円預けて1年間で1000円、税を差し引けば約800円です。
 もちろんケタが1つ増せば約8000円も違ってくる!という意見もあるとは思いますが、そのための時間と労力はご自身や家族のために使ってもらいたいと感じます。


 もちろんすべては積み重ねです。
 まずは毎月おおよその上下水道料金は把握されていますでしょうか。おおよそで大丈夫です。

 日々相談をお受けしている立場としては家計の全体を把握してもらうことのほうが、個別の最適解を求めるよりもお勧めしたいことです。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)