毎月13000円積み立てておく / 一戸建て修繕の実態調査結果


 2016年8月にネットに出ていた調査結果記事です。

 一戸建て修繕の実態、平均築年数35.8年で修繕費556万円 アットホーム調べ

 例えば10年後にはこんな補修が必要と見込まれるというような記事は検索すれば出てきますけれど、具体的に「これだけかかった」というデータは珍しいのではないでしょうか。


 詳細なデータはリンク先を見ていただきたいのですが、平均を単純に計算すると、35.8年で556万円ということは1年平均15.5万円、月あたりに均(なら)すと約13000円です。

 この調査には平米数の情報がありませんので本当にざっくりという言い方になってしまいますが、結論としては一戸建てに長く住まうために修繕を目的としたお金を毎月13000円積み立てておくと良いということになるかと思います。

-----

 リンク先のさらにリンク先にPDFファイルもありまして、築年数別の費用分布というグラフもあります。

 これを見てみると、極端な費用負担の発生している1500万円以上という比率が、30~34年で5.4%、35~39年と40~44年でそれぞれ7.5%あるわけです。

 これを例外として除外し、分布の中央値で試算してみたところこんな結果となりました。
 ・30~34年 全体平均 495万円 試算平均 約440万円(差 約45万円)
 ・35~39年 全体平均 583万円 試算平均 約490万円(差 約93万円)
 ・40~44年 全体平均 602万円 試算平均 約490万円(差 約112万円)

 大きな数字が平均を押し上げてしまうのはどんな統計でもあり得る話です。

 だからといって毎月の積み立てが少なめで良いと言いたいわけではありませんので、毎月13000~15000円を目安としておくことが将来の安心につながるように感じます。

-----

 調査対象の条件は、新築で購入して30年以上住んでいることですから若くても50代以上の方々ということですが、すでに退職金を受け取っている人も365名おられ、そのうち退職金を修繕費に使った人が239名、率にして約68%おられました。

 そして、その平均修繕額は394万円。
 将来それなりの心づもりが必要だということかと思います。


 個人的に驚いたのは雨漏りの件。
 雨漏り経験者が約45%もおられるということ。ほぼ2軒に1軒です。

 おおよそ屋根・外壁・壁紙/内壁が対象かと思います。
 それぞれ1回あたり平均で100万円・110万円・64万円という結果でしたので、合計すると374万円。大きな割合を占めますね。


 小ネタとして感じたのは給湯器。
 1回目修繕時の築年数平均が19.1年となっていました。

 一般的には10年くらいが寿命と聞きますので、かなり長持ちしていますよね。
 昔の給湯器は長寿命だったのでしょうか。

-----

 とある設計士さんに聞いたところによると次の情報をいただいたことがあります。

 ・最低限の修繕のための毎年積立金 建物価格の1%
 ・超長期にわたって維持していくための毎年積立金 建物価格の2%

 毎年2%ということは50年で100%ですから1軒分です。
 何か目安をと言われれば、このあたりの情報を参照していただくことになります。


 2016年の今、30年前の家は1986年建築、40年前は1976年、50年前は1966年です。
 これらの建物とこの10年ほどで建てられている現代の建物でどのように違うのかは、別途専門家の方々に確認してみる必要があると考えます。答えは聞く相手によって変わってくるのか、それとも同じなのか。いろんな専門家に聞いてみたいと思っています。

 一戸建を購入・建築される際には、その工務店さんや不動産業者さんに必ず将来の修繕目安(期間と金額)を確認してみていただきたいです。


 <参照web>
 ・2016/7/6 目安は月3万円 戸建て住宅でも「修繕積立金」 日経電子版
 ・2015/9/28 一戸建てにも「修繕積立金」が必要な時代がやってきた SUUMOジャーナル



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)