iDeCo 、決まったからには使って普及させねばなりません。


 確定拠出年金には企業型と個人型の2種類があります。

 確定拠出年金を DC(Defined Contribution)と略しますので、企業型DC・個人型DCと呼ばれます。

 そのうち個人型DCは、2017年1月から加入(利用)できる対象が大幅に拡大します。
 詳細は手前味噌ではありますが、コラム(セミナー案内)をご参照ください。
 掛金全額所得控除のものすごさ 自分でつくる将来資金!個人型確定拠出年金セミナー


 「個人型確定拠出年金」や「個人型DC」ではとっつきにくいということで、8月から愛称が募集されていまして、9/16(金)に発表がありました。

-----

 決定した愛称は、iDeCo(イデコ)です。

 ・個人型確定拠出年金の愛称が「iDeCo(イデコ)」に決定しました 厚生労働省
 ・個人型確定拠出年金、愛称「iDeCo(イデコ)」 日本経済新聞
 ・個人型確定拠出年金の愛称は「iDeCo」 NHK

 Individual-type Definded Contribution pension plan から iDeCo です。


 選定理由は次の通り掲載されていました。

 ・「i」には「私」という意味が込められており、自分で運用する年金の特徴を捉えていること。
 ・「イデコ」は親しみやすい響きで、小文字と大文字の交互の組合せが、スタイリッシュでおしゃれな印象を与えること。

-----

 今後このblogでは、
 ・iDeCo(個人型DC)
 ・iDeCo(個人型確定拠出年金)
 といったような書き方を予定しています。
 「iDeCo」だけ書いてもおそらく当面は何のことかわからない方々がほとんどでしょう。


 NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)も徐々に広がっていったのだと思います。
 今回の iDeCo は、60歳未満だけが対象ですから NISA のようにはテレビや新聞で取り上げられる機会は多くないように感じますので広がるのに相当な時間がかかるように感じます。


 決まったからには使って普及させねばなりません。
 早速ですが、「いでこ」で、iDeCo・iDeCo(個人型DC)・iDeCo(個人型確定拠出年金)・Individual-type Definded Contribution pension plan、この4つを辞書登録しました。
 個人型確定拠出年金についてそれなりに詳しい専門家の一端として、iDeCo 使っていきます。

 どうぞよろしくお願いいたします。

-----

 個人的にはファイナンシャルジャーナリストの竹川美奈子さんがfacebookページで使われていた、選考委員の杉山愛さんが発表されている写真が笑顔になれる良い印象を持ちました。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)