「わからない」から不安になる。これは誰しも当たり前のこと。


 2(水)午前中、京都府内のYさんが事務所へお越しくださいました。

 新築住宅の資金計画相談をお受けしていまして、具体的な見積額が出揃い、お付き合いのある金融機関から住宅ローンの提案も受けられたことでの疑問点をお聞かせいただき、最終的な方針決定の時間となりました。

 金融機関の担当さんが力を入れて提案して来られているのがよくわかって、何だかこちらも嬉しくなりました。説明と資料で気持ちが伝わってきます。住宅ローンと関連する住宅ローン控除や繰上返済の予定、そして元金と利息の考え方や長期に渡る返済計画などは私の役割です。

 「いろんな情報が出てきて夫婦だけでは決められないので助かります」という嬉しい感想をいただきました。さまざまな数字が明らかになると、客観的な比較も可能となり決めていけます。そこが私の役割です。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、大津市のHさんが事務所へお越しくださいました。

 家計管理と貯蓄のペース→保険商品の加入背景→医療保障と高額療養費・傷病手当金・休職規定・緊急予備資金→死亡保障とお葬式代・死亡退職金→将来資金と公的年金の簡易試算→確定拠出年金とつみたて投資、といった流れで3時間弱の初回相談となりました。

 「わからない」から不安になる。これは誰しも当たり前のことです。
 「わからない」を「できるだけシンプルにわかるようにする」これが私に依頼くださることでのメリットです。

 公的年金や健康保険といった社会の仕組みと日々のお金のやりくりは、遠いようで実は密接に関わっています。社会の仕組みを知ることで、抑えられる日々の支出が変わってきたり、将来に向けた貯蓄の目安を定めることができます。大事です。

 Hさんが私を見つけてくださった経緯も印象的でした。お役に立てるようにがんばらねばです。

 Hさん、ありがとうございました!!
 次回もよろしくお願いします!!

-----

 4(金)午前中は外出です。午後以降は事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)