所得控除の仕組みを把握できれば


 22(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催「FP3級資格取得講座」第10回目の講師を務めました。

 11シーズン目(計18回目)今回より全14回、火曜午前コース10時20分~12時10分、火曜午後コースは15時10分~17時10分の110分の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第10回目の項目>
 タックスプランニング②
 ・損益通算
 ・所得控除の種類
 ・所得税の計算と税額控除
 ・年末調整と確定申告
 ・青色申告


 FP3級の税知識として私の講座で到達目標にしているのは、源泉徴収票が読めるようになることです。
 所得控除・税額控除を知り、税計算の考え方を知ることができれば、他の5課目で学ぶ仕組みと合わせてより有利な選択肢を得るための知恵を身につけることができると考えています。

 時事ネタとしてはiDeCo(個人型確定拠出年金)です。所得控除の仕組みを把握できればその税軽減効果を具体的に知ることができますし、実際に始めてみる大きな動機付けにもなってきます。

 皆さま、お疲れさまでした!次回は5つめの課目、不動産に突入します!

-----

 特に先週から来週にかけて、おかげさまで諸々混み合っています。
 ありがたいことです。

 新規でご依頼いただく件の対応は、現状で12/12(月)以降となってしまいます。
 もちろんお問い合わせにはきちんと返答いたします。
 どうぞご承知おきくださいませです。

 皆さま、本当にありがとうございます!!

-----

 22(火)6時前後に福島県沖で大きな地震がありました。
 津波および引き波の映像もネットで見ました。

 大きな地震(東日本大震災のM9クラス)があると、数十年に渡って余震が続くとツイッターで見ました。きちんとしたデータを持っているわけではありませんが、地震多発エリアであるチリやインドネシアなどでそういう傾向にあるそうです。

 地球の歴史で考えれば、数年や数十年なんて一瞬で過ぎ去っていく時間の流れですものね…。人の力や叡智で及ぶものではないんだろうなと感じます。



 23(水・祝)終日事務所の予定です。
 24(木)午前中は外出、午後以降は事務所の予定です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)