でもそれが手間暇の最もかからない対処法


 週末前後の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 大阪のKさんのご相談をお受けしました。

 相続によってまとまった資産を引き継がれ、普通預金・定期預金にされていたKさん。
 某都市銀行系の証券会社から熱烈な営業を受け、窓口の担当さん・その上司、そして応接間に通されて支店長やら何名かに取り囲まれて、どうしようもなくなって契約(購入)させられた金融商品について、本当に大丈夫なのかどうか・減ったりしないものなのかを聞きたいということでお話しを伺いました。

 結論を言うと心配されていたような大変な商品ではなかったので金融機関さんの良心を疑わずに済んだのですが、「本当に大丈夫なのかどうか」「減ったりしないものなのか」さえ後日振り返ってもわからない商品を複数で取り囲んで進めて(契約させて)しまうというところには、恐ろしさしか感じません。

 今後も提案があれば私に見せてくださる方針で安心をしてくださいましたが、Kさんの年齢や状況から考えると私に見せないといけないと思われたものはすべて断ってしまって何の問題も無いという私にとって身も蓋もない、でもそれが手間暇の最もかからない対処法だと正直にお伝えしました。

 金融商品を扱う金融機関・代理店というのはたいせつな役割を担っているわけですが、その付き合い方というのは本当に悩ましいと感じる場合もあり、難しいとも感じる日々です。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 府内のTさんのご相談をお受けしました。

 継続的なフォローをご依頼くださっていまして、今回は
 ・火災保険
 ・iDeCo(個人型確定拠出年金)
 ・毎月の投資信託購入とその状況
についてアドバイスを求めてくださいました。

 私の回答はスピードも意識していますが、相談者さんに判断いただくスピードが必要というケースは余程のことがない限りありません。あまりに放置し過ぎるのはよろしくありませんが、徐々にでも1つずつ対応いただけることが大事だと思っています。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 奈良のTさんのご相談をお受けしました。

 継続的なフォローをご依頼くださっていまして、今回は
 ・資産管理の大方針の確認
 ・毎月の投資信託購入と余裕資金とのバランス
についてアドバイスを求めてくださいました。

 金融機関で開催している各種セミナーに足を運んで情報を得ようと思われることは大事ですし、素晴しいことだと思います。ただし、鵜呑みはお勧めできることではありません。
 これまで少しずつ手を出してこられた数々の金融商品をいかにソフトランディングで集約しシンプルにしていくのかが私に依頼くださっている内容です。

 Tさんも少しずつです。そして、事前に決めておいた趣味の範囲を超えて新たに手を広げないこれが大方針ですし、それを守っていただくためにも私はがんばらねばなりません。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 20(火)午前と午後は、京都リビング新聞社カルチャー倶楽部「FP3級資格取得講座」の第14回目の最終回、「相続③」贈与の特例・相続財産の評価と「試験対策」です。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)