記念すべき60回目! / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート53回目


 13(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第60回目!のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算53回目です。前回の記録はこちらです。

 今回は11名の参加がありました。今回で記念すべき60回目、一度だけインフルエンザの流行期で中止になったときがありましたが、それ以外は毎月ですので丸5年です。これだけの継続、本当にすごいことだと思います。


 ピアサポート後に共同代表の改發(かいはつ)さんがfacebookに投稿されたものを今回も画像で転載します。

170113_J-TAG

 フラッグの写真は患者会さんのホームページに掲載があります。トップページで切り替わる写真の3枚目です。

 同年代として、ただただ大応援です。

----- 

 今回出てきた私に関係する話題は次の通りです。

・傷病手当金と被保険者期間
  以前にメルマガで取り上げています。
  傷病手当金と被保険者期間
・失業保険(雇用保険の基本手当)と被保険者期間
・医療費控除と通院費・保険商品からの給付金


 制度やお金に関することは「誰に聞いたらいいのかわからない」「聞ける相手がいない」というケースがほとんどだと思います。
 ピアサポートでは当然ながら治療における悩みの共有が第一優先です。次に入院生活のこと生活全般のことが出てきます。

 そして最後に出てくるのがお金に関する不明点。患者会さんが積極的に発信してくださっているおかげで、事前に私の存在を知ってもくださっている参加者さんも増えていまして本当にありがたいことです。お役に立てるよう引き続きがんばっていかねばです。


 これまで私がお受けした質問への回答は、すべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かの参考になりましたら幸いです。

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。同年代としても本当に強く感じます。

----- 

 次回は2/10(金)です。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 また、私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月開催されています。この情報も患者会さんのサイトで公開されていますので特に関東地方や東日本の皆さまにおかれましてはぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の改發さん古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----------

 14(土)終日事務所の予定です。
 15(日)お休みをいただきます。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)