紙芝居・重い?・絵の手紙


 親バカシリーズ(?)の蔵出し、隊長(長女5歳)編です。
 ※ facebookで時々書いているのをブログでまとめてるだけです。手抜きですみません。

-----

 紙芝居

 子どもたちの2週間に1回の図書館通いは続いています。

 先日、2~3歳くらいの男の子がおじいちゃんにアンパンマンの紙芝居を読んでもらっている場面に遭遇し、ついに隊長も紙芝居の存在に気づいてしまいました。

 綿密に調査したうえで、手に取ったのがこれ。

 170121_01

 夜、父(私)が心を込めて(声も使い分けて)紙芝居しまして、とっても喜んでくれました。

 本を読むときの反応は横顔でしか見れないですけど、紙芝居は正面の表情が見れるので良いですね^^
 ニコニコしてるのがずっと見れるので、お父ちゃんが気に入りました。
 あー、かわい^^

 ※ アンパンマンを借りたかったようですが、5歳のお姉さんなのに(!)という葛藤がかわいかったです。アンパンマンも借りねば!
 ※ 前編と後編があり、最初は「どっちにしよっかなー」なんて言ってましたので、もちろん両方借りました。
 ※ 長男(11歳)はハードカバーの小説ばかり、次男(9歳)はマンガや絵の本ばかり手に取ってきます…。

-----

 重い?

 先日、珍しく帰りが少し遅くなり、みんなは夕食を食べ終わっていて私が食べている前で、妻が長男の図書館で借りてきたハードカバーの小説を読んでました。

 妻 「この本おもいわ~」
 私 「へ~そうなんや~」
 読むのをやめ、本を机に置く妻。

 妻 「最後まで読めへんかも…」
 長男「そう??」
 妻 「え~大丈夫やったん??」
 長男「うん」
 妻 「ふえ~すごいな~」

 隊長「おもたくないで」

 本を持って不思議そうにこちらを見ている隊長がいました。
 そうね、隊長には重たくなくて軽いよね。
 あー、かわい^^

 ※ 日本語って難しいですよね。
 ※ 2週間に1回の図書館通いは4年を超えました。

-----

 絵の手紙

 とある夜の隊長との会話

 隊長「おとーしゃん、
    じ ってどうやってかくの?」
 私 「じ?
    かくもんある?」

 隊長「あと、に ってどうやってかくの?」
 私 「に は、こうやで」

 いそいそニコニコと紙に向き合う隊長。
 その後、折りたたんだ紙を渡してくれました。

 先週は特に諸々が重なって帰宅が遅くなっていた私に絵の手紙を書いていてくれていたそうです(嫁談)
 季節の変わりめで鼻炎を発症してつらそうにしていた私でしたのでお手紙に「おだいじに」って追加で書いてくれました。

 おとうちゃん、おだいじにするっ!
 あー、かわい^^
 はい、親バカですよ。

 ※ いろいろいーっぱい描いてありまして、なにがなんやらよくわかりません^^
 ※ おかげさまで鼻炎はかなり回復してきています。

-----

 22(日)はいよいよFP技能士検定日です。

 講座を受講くださった皆さまだけでなく、受検される皆さまを大応援です!


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)