カンブリア宮殿「4年でお金が2倍に!? 老後の蓄え・教育資金の作り方教えます」観ました。


 テレビ東京 カンブリア宮殿 2017年2月16日放送
 4年でお金が2倍に!? 老後の蓄え・教育資金の作り方教えます
 ネットTVer(ティーバー)でも2/23(木)23時59分まで視聴できます。

 レオス・キャピタルワークス 代表取締役社長で最高投資責任者の藤野英人さんが登場されていました。レオス・キャピタルワークスのfacebookページはこちら

-----

 レオス・キャピタルワークスとは投資信託を販売・運用している会社です。
 個人向けに取り扱っているのは「ひふみ」という日本株式のみを対象にした株式投資信託1本です。

 レオス・キャピタルワークスさんで直接口座を開設し購入するのが「ひふみ投信」
 証券会社や銀行などを通じて購入するのが「ひふみプラス」
 個人型確定拠出年金(iDeCo)で購入するのが「ひふみ年金」

 この3種がありますが、大元(おおもと)は同じです。違いはレオス・キャピタルワークスさんのwebサイトがわかりやすいです。手数料が違ってきますので、購入にあたっては十分な理解を得ておきたいところです。
 投信・プラス・年金の違い

-----

 テレビで取り上げられていた内容を抜粋します。

・トランプさんが大統領になってどんな政策を打ち出しても、日本でキャンプ(屋外)を楽しむ人が突然キャンプをしなくなったりしない。
・投資対象は大企業に限らない。知られざる地方企業。
・インターネットで得られる情報はプロも一般も変わらない。コンピュータ分析はライバルもしている。足を運んで直接話を聞きに行く。
・とある地方企業の経営者「工場を見に来る投資家は他にいない」
・25年で約6000社訪問

・日本に投資を伝える場がない。有望企業を成長させる投資。
・きれいごとではなく、投資とは「喜んでいく循環」。結果として、この方針がすごく儲かる。
・会社は変化する。悪いが良いに、良いが悪いに。

・成長しない見分け方
 1.晴れなのに傘だらけ
   片付ける人がいない。自分事として考えていない。
 2.社内がスリッパ
   気合入っていない。公私混同。家のように過ごしたい。
 3.社長の自伝の手渡し
   今を生きていない。未来を見ていない。過去はすでに終わっている。

・清貧の思想に疑問
・投資は悪・お金は汚いというイメージはとても残念。
・生活の基盤はすべて投資で成り立っている。誰かが投資をして機械を購入し工場を建てリスクを取って作られている。
・基本的に未来・希望への投資。希望がなければ投資ができない。未来を信じる人しか投資できない

・「失われた10年」という表現は大嫌い。なぜ「失った10年」といわないのか。なぜ受動態なのか。自分自身以外の誰かによって成長させられていないという表現なのか。

 170223_01
 エンディング、村上龍さんの手記より。

-----

 海外から日本への旅行客へのインタビューで、投資で得られた利益で海外旅行ができている、投資は身近なものという例が紹介され、反対に日本の典型的な60代夫婦の例で資産はすべて預貯金、親が株や土地で失敗した、お金のかからない散歩が趣味、健康も兼ねて定年後も働いている、これが堅実だという流れでした。

 1990年代からの20数年で、米国・英国の一般家庭の資産は約3倍に増えているそうです。日本は約1.5倍。この違いは金融資産の保有割合が圧倒的に異なるからです。米国・英国では有価証券(株式・債券・投資信託)が約50%、日本は圧倒的に少ない比率です。


 番組の冒頭で、某中堅証券会社の担当さんとその顧客の方々が登場され、500万円の元手が数年で800万円(1.6倍)に増えたと喜んでおられました。

 事実確認として書いておきます。この某証券会社さんで「ひふみプラス」を購入する場合、1000万円未満なら販売手数料は3.24%とwebサイトに掲載されていました。500万円なら約15万円です。直接に「ひふみ投信」を購入したり、ネット証券などで「ひふみプラス」を購入すれば、この販売手数料はかかりません。この15万円も1.6倍で計算すれば、500万円の元手で考えると324万円のプラスだったということになります。(実際にはここから約20%の税金が差し引かれます)
 
 知らなかった商品を知れたことで300万円プラスになったのだから15万円の手数料や得られたであろう24万円は大きくないと考えるのかどうなのか。悩ましいような何とも言えない気持ちになりました。

-----

 単に「もうかる!」イメージで始まった番組でしたが、本来の投資の位置づけと考え方を藤野さんが徹底的に伝えてくださっていました。

 当初はテレビ局からレオスさんにおもしろい企業を紹介して欲しいとの依頼だったのが、あれ?レオスがおもしろい会社?となって、密着取材は5ヶ月にも及んだそうです。(このあたりはfacebookページなどで発信されています)

 
 株式とは出資です。債券とは借用書です。

 いずれも手法が違うだけで事業者(企業)などがお金を集める仕組みです。企業は集めたお金で事業活動(設備投資など)を行うわけです。私たちは事業活動への投資を行っているわけです。
 増えたり減ったりの数字だけで一喜一憂する、内容のよくわからない金融商品ではないのが本来の投資です。

-----

 藤野さんとは一度だけお会いしたことがあります。2011年10月ですので5年以上前です。レオスさんのこと、ひふみのこと、藤野さんのことを今ほどわかっていませんでしたから、思い返せば本当に失礼な質問をしてしまったと恥ずかしい気持ちです。真横の席に座れたなんて幸運以外の何物でもありません。

 藤野さんの本の感想もいくつか書かせていただいていますので、1つご紹介しておきます。
 ”投資バカの思考法”読みました。


 テレビ東京 カンブリア宮殿 2017年2月16日放送
 4年でお金が2倍に!? 老後の蓄え・教育資金の作り方教えます
 ネットTVer(ティーバー)でも2/23(木)23時59分まで視聴できます。

 視聴できる最終日の紹介で申し訳ありませんが、本当にお勧めです。


 念のために書いておきます。

 私は個人的にレオスさん、ひふみ、藤野さんのことを応援していますし、私自身もひふみを毎月積立で購入していることを隠すつもりはありませんが、ひふみに限らず各金融商品を購入される際は自己責任でお願いします。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)