全日本交通安全協会の自転車保険で注意したいこと


 全日本交通安全協会という一般財団法人が2017年4月1日より自車保険を取り扱われるそうです。(自車保険ではないですよ!)

 交通安全協会、自転車保険に参入へ 朝日新聞

 引受保険会社は損保ジャパン日本興亜損害保険で、事務手続きはいわゆる来店型ショップといわれる乗合代理店が請け負っておられるようです。(協会webサイトのトップページにはあいおいニッセイ同和損害保険のバナーがありましたけれど)


 自転車保険の背景は、自転車による事故で相手に負わせてしまったケガ(後遺障害・死亡)に対する補償です。

 いわゆる個人賠償責任保険(特約を含む)という内容に加入していれば、自転車保険は不要です。このあたりの詳細は以前に書いた記事「自転車と個人賠償責任保険」もぜひご参照ください。

-----

 今回は全日本交通安全協会(以降、協会)の提供する自転車保険です。

 特徴は賠償のみというシンプルなプランが準備されていることだと思います。
 webで申し込めば掛け金(保険料)は年間1230円です。

 通常の自転車保険には自転車を運転している本人やその家族が転倒などによってケガをした場合の補償も含まれています。協会でも「家族補償プラン」だと4380円(月あたり365円)にアップします。

 手厚い補償を求められるのであれば、過去記事で取り上げましたような他社の商品のほうが良さそうですけれど、協会の商品はシンプルですしそもそも自転車事故だけに備えれば十分ということであれば「賠償のみプラン」は格安です。


 ここで注意点は1つです。

 協会の賠償責任補償には次の注意文が掲載されています。
 「賠償責任補償条項 傷害補償条項ともに自転車事故のみ対象となります」

 他社の自転車保険や一般的な個人賠償責任保険の場合には、自転車事故以外も補償の範囲です。

 ・散歩中のペット(犬)が知らない通行人に噛みついてケガをさせてしまった
 ・子どもがボール遊びをしていて自動車を傷つけてしまった
 ・百貨店で買い物中に商品のお皿を割ってしまった
 ・マンションのベランダから誤って物を落としてしまい、下を歩いている人にケガをさせてしまった

 繰り返しになりますが、このあたりは協会の賠償責任補償では対象になりません。火災保険や自動車保険の個人賠償責任保険特約、一般的な自転車保険の賠償責任補償であれば対象です。(実際には加入時に、もしくは加入内容をご自身でも直接確認をお願いします)
 
-----

 個人賠償責任保険(賠償責任補償)は重複していても意味がありません。1つの加入で良いのですから、加入内容や検討内容はよくよく比較のうえ選択していただきたいものです。


 手前味噌ではありますが、現在さまざまに加入されている保険商品や検討されている保障(補償)項目や商品資料をお持ちいただければ、アドバイスさせていただけるのが京極・出町FP相談の有料相談です。

 京極・出町FP相談 生命保険・損害保険相談
 お役に立てる機会がありましたら幸いです。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)