夫婦のおこづかい


 夫婦のおこづかいと聞いてどんなイメージがありますでしょうか。
 夫3万円・妻2万円、もっと増やしてほしい・もっと減らせないのか、例えばこんな感じでしょうか。

 ニュース記事をご紹介します。
 既婚者のおこづかいは月平均2万9,503円 - 6年ぶりに増加
 2016年11月です。ちょっと古くてすみません。

 元データはこちらです。
 明治安田生命 「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施! 2016/11/16
 ※ PDFファイル注意

-----

 アンケート結果から抜粋します。

 おこづかい【夫】
 ・平均 34950円
 ・20代 29496円
 ・30代 33007円
 ・40代 37714円
 ・50代 39769円

 おこづかい【妻】
 ・平均 24056円
 ・20代 22854円
 ・30代 20043円
 ・40代 22927円
 ・50代 30530円

 ランチ代【夫】
 ・平均  703円(60代と70代を含む)
 ・20代  657円
 ・30代  602円
 ・40代  683円
 ・50代  668円

 おこづかい【妻】
 ・平均 1082円(60代と70代を含む)
 ・20代  862円
 ・30代  959円
 ・40代  967円
 ・50代 1115円

 メディアで目にする平均の数字は、全体の平均であることが多いです。年代によって異なることは元データを探るしかありません。

-----

 これを見て「じゃあうちも平均に合わせて…」「もっと下げられる…」「いや反対に増やしても大丈夫?」というのはあまりお勧めできることではありません。

 「月に自由に使えるお金」と説明もありますが、注意が必要なのは統一されている条件が「既婚者」というだけだからです。

 ・共働きなのか方働きなのか
 ・世帯年収の幅
 ・おこづかいにランチ代が含まれているのか含まれていないのか
 ・子どもの有無・年齢帯
 ・持ち家か賃貸かなど、住居費の程度
 ・現在の貯蓄額と今後の推移
 
 その他、支出の状況なども家庭それぞれまちまちです。


 決められた金額だからその範囲であれば全部使ってしまっても問題ないと考えてしまったり、少し足りなかったことで得られなかった情報や経験や機会が存在するかもしれないことがあれば、それらのほうが家計(や家族・夫婦関係)に与える影響は大きいのではないかと感じることがあります。

 おこづかいに限った話ではありませんけれど、明らかに必要性が高くなく納得感の弱いものへの頻度の高い支出は勧められることではありません。もちろん必要性や納得感は人それぞれ夫婦でも大きく異なることも多いですし、その違いの範囲で使える金額がおこづかいだというとらえ方もあるかと思います。


 平均はあくまでも平均です。目安にするのは否定しませんが、ご自身やご夫婦に当てはめる際にはよくよく考慮が必要です。

 ただし、深く考える手間や時間がもったいないので、おおよそで大丈夫という考え方も(ケースにもよりますが)私は問題ないと思っています。実際の相談対応におきましても、厳密な根拠を求められた際「この範囲なら大丈夫だと思いますよ」というアドバイスになってしまうことがほとんどです。


 大事なのは月の収支よりも年間の収支であり、将来を見据えた見通しです。最近の記事「家計簿アプリ、あまりお勧めしていませんし使っていません」でもご紹介しました通り、家計においてはまず全体の把握が大前提です。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)