公的年金は「保険」


 公的年金保険に関して日本経済新聞の連載コラムの紹介です。
 (念のために書いておきますが、当然ながら執筆者は私ではありません)


公的年金の保険原理を考える

(1)積立型「貯蓄」でなく「保険」
 「現役世代による高齢者の扶養という営みを、個々の家族の中ではなく、社会全体で行うのが公的年金保険」「支給開始年齢以上の長生きが「保険事故」なのです」

(2)長寿の貧困リスクをカバー
 「引退が近い中年や高齢者世代にとって切実なだけではなく、高齢の親を扶養しなければならない若い世代にも身近な問題として大きく関わってくる」

(3)親の扶養リスクを平準化
 「兄弟姉妹の数や親の寿命という自分では全くコントロール不能な要因」「人生最大級の不確実性」

(4)老後の備え、貯蓄だけでは困難
 「将来の「人並みの暮らし」のコスト(老後の生活費の1年あたり単価)も分からない」いわゆる”生産物こそ重要”ですね。

(5)生産性向上と経済拡大が重要
 「肩車型社会での高齢者扶養が克服すべき課題であることは事実です。その解決策は、労働生産性の向上と経済の拡大にこそ求めるべき」

(6)「世代間の不公平」論は有害
 「世代間の不公平論は、誤っているばかりでなく、有害というべきでしょう」

(7)積立金、利点と問題点の両面
 「金融の不安定性を相当程度まで遮断し、しかも、ある程度の積立金によって大きな経済変動があっても一定期間は耐えられる日本の制度は、実はなかなかうまくできているのです」


 会員にならないと読めませんが、無料プランでも月10本まで読めます。
 「」は私が特に重要だと感じた部分です。
 前半はタイトルだけでも伝わります通り、公的年金は「保険」であることをしっかり解説されています。ここが大事です。


 執筆者である大妻女子大学短期大学部教授の玉木伸介さん、所属先の大学webでもこの連載の紹介がありました。
 短ビジ・玉木教授が日本経済新聞「やさしい経済学」コーナーに8回連載

 8回の連載でして、リンクは7回目までです。8回目の記事を検索でも見つけられませんでした。すみません。

-----

 公的年金保険に関するコラムではこちらもお勧めです。
 公的年金保険の誤解を解く - 希望・願望を込めた用語の読み解きを目的とした内容 -

 そして、こちらの本の感想記事がまだまだ私の中でホットワードです。
 ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。

 記事で紹介しています大学の教科書的な分厚い本を少しずつ読み進めています。玉木先生のお名前も登場しています。改めて権丈先生ものすごいです。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)