運用と向き合うための理由付けはきちんと頭にあったとしても


 今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 25(火)上京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 住宅購入資金計画・住宅ローンの考え方→変動金利と固定金利→将来資金と公的年金→iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除の考え方→医療保障と高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金→生命保障と遺族年金→教育資金の考え方という流れで、たっぷり3時間の初回相談となりました。

 相談のきっかけが嬉しいSさんです。お話を伺うと少し特殊な事情もお持ちでしたので、密に確認を進めながらの対応が必要です。よりよい条件を選択いただけるようにがんばらねばです。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 26(水)関東地方にお住まいのMさんの相談をお受けしました。

 資産運用の方針についてアドバイスを求めてくださいました。銀行と証券会社で数件のお付き合いをお持ちで、各金融機関の対応について最近かなり不信感を強めておられることをお聞かせいただきました。

 経過は何であれ資産(お金)を増やす目的に対して、インフレに負けないとか将来のためにとか運用と向き合うための理由付けはきちんと頭にあったとしても、いつの間にやら後者は見えなくなり、前者にしかこだわりがなくなってしまわれているケースが多いようにも思います。
 何のための資産運用なのか、そのために現在保有されている投資性商品は長期性があるのかコストはどうか分散はどうかの視点をお伝えしています。個別具体的な商品の評価をお伝えしているわけではありません(業法の関係でお伝えできません)。

 それよりも大事なのはその本筋です。本筋が明らかになり、金融機関や金融商品との付き合い方の目標が明確になれば、優先順位も明らかになってきます。Mさんは手が広まってしまっておられた状況を最低限に収束していかれる方針を判断されました。わからないものには手を出さないという大方針とともに、何事もシンプルにが私のお伝えしたいことです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 陽射しの強さは例年通りのように感じますが、4月下旬なのに朝晩は冷え込みますよね。28(金)の最低気温予報は8度とありました。これもまた作物への影響とかありそうですよね…。春と秋の長い気候が理想だと思ってしまいますが単なるわがままなだけですね。

 皆さま、いかがおすごしでしょうか。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)