勉強会「個人の資産形成にどう貢献するのか」に参加しました。


 20(土)午前中、FPを中心とした有志による勉強会へ行ってきました。

 講師はフィデリティ退職・投資教育研究所の所長 野尻哲史さん。共通の知り合いが多いのは把握していましたので、いつの日にかお会いできると思っていました。実現して嬉しかったです。

 さまざまなデータを出しておられる研究所でして、これまで個人的に印象的だったのは資産運用したお金を将来引き出す際に決まった額(定額)で引き出すのか、決まった率(定率)で引き出すのかどちらが良いかというレポートです。たくさんの調査・レポート・白書はこちらからご覧いただけます。

-----

■個人の資産形成にどう貢献するのか

170520_01

・同じことを繰り返し伝えていくことが大事


・「貯蓄から投資へ」とは、既存の預貯金から株式や投資信託に移し替えることではなく、収入から貯蓄をするのと同じように収入から株式や投資信託へ振り分けること。いわば「収入から投資へ」であり、資産形成を意味するのが「貯蓄から投資へ」。
・貯蓄(預貯金)は悪者ではなく、また預貯金を潤沢に持つ金持ちの話でもない。金持ちになるための施策。

・確定拠出年金のように、
 拠出時非課税(E)・運用時非課税(E)・受取時課税(T→日本には退職所得控除があるので実質的に非課税に近いケースがあるのでe)
 という仕組みから、世界的にはNISA(少額投資非課税制度)のように、
 拠出時課税(T→所得税の課税後に積立)・運用時非課税(E)・受取時非課税(E)が主流になってきている。


・「老後の豊かな生活には月額35万円必要」と「定年退職時に4000万円の貯蓄が必要」の不毛さ。「額」ではなく「率」が基準であるべき。

・老後の長さは平均余命ではなく生存率20%で考えたい。結果は95歳


・年平均3%の運用は可能か。
 日本で販売されている投資信託は約5800本
 15年以上は546本
 うち年平均0%以上の運用成果を得ている(マイナスになっていない)のは448本
 うち年平均3%以上の運用成果を得ているのは92本


・相続により資産が地方から都市部へ移っている。
 亡くなった人が都市銀行に持っていた資産を引き継ぐ人も都市銀行で受け取るのは約76%
 亡くなった人が地方銀行に持っていた資産を引き継ぐ人も地方銀行で受け取るのは約42%(都市銀行・ゆうちょ銀行で受け取るが各12%)

 亡くなった人が資産を預けていた都市銀行と同じ都市銀行の口座を持っていた資産を引き継ぐ人で都市銀行で受け取るのは約82%。同じ口座を持っていなかったら約61%
 亡くなった人が資産を預けていた地方銀行と同じ地方銀行の口座を持っていた資産を引き継ぐ人で地方銀行で受け取るのは約52%。同じ口座を持っていなかったら約25%

-----

<所感>

 ホワイトボードへの書き込みをうまく使ってくださり、非常に密な120分のお話でした。今回はファイナンシャルプランナー(FP)向けの勉強会ということで、前提条件を端折ってお話しされたことが多かったのだと思いますので「?」と感じた内容ももちろんありました。

・「FPの皆さんは」という呼びかけを多用されていまして、その多くは金融機関勤務で金融商品の販売をされている方々を対象とされているような表現を感じましたが、有料相談という場面もお話ししてくださったり、難しいですよね…

・「率」の考え方が大事なのはとてもよくわかるのですが、率を具体的に把握するためにはどうしても何らかの「額」情報を当てはめるしかなく、120分とはいえ短い時間で具体的な数字を伝えることの難しさを改めて感じました。

・勤労者3万人にアンケートを取られた2014年4月のデータがあり、退職後に一体いくら必要か?という設問があります。そしてその結果には年収と必要資金額におおよそ相関がありました。年収が低いと少ない額、年収が高いと多い額です。準備が可能かどうかの実現性も答えには含まれていることを加味する必要があると捕捉されていました。そして資料の見出しには「年金以外に3000万円が必要と回答」とあります。
 このアンケートには私が必須と考える事前情報があります。それは「公的年金の仕組みを理解しているのか」もしくは「将来受け取る公的年金額を具体的に試算したことがあるのか」です。メディアのあおられた情報により、公的年金は破たんするのでゼロで考えているという人も少なからずおられるのが悲しい現実です。ごくわずかであれば良いのですが、その情報が加味されていないとこのアンケート結果は取り扱いが本当に難しいです。

・毎月分配型という投資信託があります。仕組みの解説はこの記事でしませんが、「ブロガーの方々はタコ足であることを理由に毎月分配型は否定的だが、将来にかけて資産を取り崩していくことを考えればもっと評価されて良い」(意訳)という表現をされました。
 私はブロガーの方々とツイッターでコミュニケーションを取る機会がありますので、勉強会の後にこの件だけは私からひと言お伝えしました。「毎月分配型の投信は高コストであることが1番のネックであるとブロガーの方々が発信されていると理解しています。仮にタコ足でも低コストインデックス並みの信託報酬であれば、強めの否定は減ると思います」
 分配型は高コストであることや、もう1つ資産残高が継続的・安定的に増えていない(資金が流入していない)こと、この2つが最大のマイナスポイントだと私は理解していますが、そのことに(時間の関係で?)触れておられず単にブロガーの方々が悪者になっただけに感じてしまいましたので、お話しさせてもらいました。

-----

 所感では重箱の隅をつつくような不満ばかり書いているように見えると思いますけれど、存在のレベルの高さからこのようになってしまわざるを得ませんという意図でお読みいただければ嬉しいです。

 一般向けではなくFP向けだったからこそ踏み込んでお話しくださったと思いますし、120分でもまったく少ない時間であるという悩ましさからです。お金の仕組み・資産運用の考え方・各種制度の活用などの理解は大変な時間が必要だということの表れです。


 野尻さん、ありがとうございました!
 主催の栗本さん、お声がけくださり本当にありがとうございました!


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)