「とにかくお勧めの金融商品だけ教えてほしい」というニーズを否定するつもりはありません


 30(火)午前中、市内のNさんのお宅を訪問。

 とある税理士さんからのご紹介で、相続に関連して社会保険および金融商品の情報を整理し、見直しが必要な内容があれば提案してほしいという依頼です。

 ここでの情報整理とはデータとして一覧表にまとめるだけでなく書類の整理を含んでいまして、相続に関連し税理士さんの関与が必要な状況ですから相当に情報量が多いことが事前に聞かされていました。
 ご自身がある程度まとめておられたファイルを中心に拝見しましたが、新旧がたくさん入り乱れている状況で、明らかに古いものはまだまだたくさん保管してあるということで、今回は取り急ぎ最新の情報を集めることに注力しました。

 これらの情報をまとめたうえで、足らず(と思われる)項目がないかを確認したうえで、必要に応じて見直しを提案するという流れになりそうです。
 不動産や特殊な資産の情報整理は税理士さんが動いておられますので、私は社会保険と金融商品に集中できます。こういう役割分担はとても大事だと思います。

 Nさん、奥さま、税理士さん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 午後、下京区のMさんが事務所へお越しくださいました。

 早いもので7年ほどのお付き合いとなるMさんです。以前はご自身の生命保険に関してシンプルな初回相談のみお受けしていまして、今回はご家族を含めた将来資金→生命保険と年金保険→iDeCo(個人型確定拠出年金)と所得控除→資産運用と投資信託という流れの再キックオフという相談となりました。

 将来資金を考えるうえで、すべての基本は公的年金です。この情報なしで、いきなり金融商品を使った積み立てなどを話される専門家さんは基本的に信用度ゼロで問題ないと思います。
 もちろん個人情報を1つも出さずに「とにかくお勧めの金融商品だけ教えてほしい」というニーズを否定するつもりはありませんが、結果として良い結果を得にくい傾向にあると感じるケースが多いように思います。

 Mさんはもちろんすべての情報を出してくださっていますので、1つひとつ状況を確認し、「漠然とした不安な気持ちでしたが、今日ご相談させて頂いて安心しました」という嬉しい感想もメールしてくださいました。
 今後は、iDeCo(個人型確定拠出年金)→生命保険→資産運用という流れで具体的な対応に進んでいく予定です。
 
 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 31(水)午前中、左京区のSさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 前回の引き続きで、今回はiDeCo(個人型確定拠出年金)と損害保険について集中的に取り組みました。

 iDeCoは口座管理手数料や信託報酬の観点からメリットとデメリットをお話しすることで金融機関を決定いただけましたし、運用の考え方も知っていただけました。ほとんどの人がそうですが投資信託を購入することそのものが初めてという場合には、やはり具体的に始めてみないとわかりませんし、1年くらい経たないと実際にどのように値動きがあるのかも実感できないように思います。

 損害保険は自動車保険と火災保険と勤務先の団体保険で重複する補償内容や最低限にまとめる方策などシンプルにお話しさせていただきました。
 一歩一歩着実に前に進んでいます。いい感じです。次回は生命保険の予定です。

 Sさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 6月がスタートです。いつも書いていることですが、2017年も5/12が終わってしまいました。5月は前半が涼しく、最後は30度を超える日が続き、夏のようでしたが蒸し暑さはこれからですから、夏がおそろしいですよね…

 1(木)終日事務所の予定です。
 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)