カテゴリーごとにお勧め記事をピックアップ : 損害保険編<その2>


 諸般の事情により、カテゴリごとに過去記事を振り返る投稿の第4弾の2回目です。


■損害保険<その2>

 火災および自然災害です。

-----

洪水ハザードマップと想定降水量 2014/08/19

 ハザードマップで想定されている雨量の考え方をまとめています。
 まずはイメージできる状態にまで到達することが大事です。


実際の数字を把握したうえで -台風11号通過後の鴨川の写真- 2015/07/20

 鴨川のこの写真は個人的にも衝撃的です。
 でも、これ以上を想像しにくいです。


自分自身で備えておく「ハザードマップ+自治体名」の検索 2015/09/15

 今回の九州豪雨、福岡県朝倉市の件、ハザードマップの想定雨量は48時間521mm(150年に1回クラス)でした。でも実際には24時間で約530mm。詳細なエリアはどこなのか私にはわかりませんが、想定を超えすぎた大災害だったことは間違いないようです。
 こちろんこれは結果論です。雨が降っている最中にリアルタイムで累計降水量の情報を得ている人がどれだけいるのかわかりません。でも、だからこそためらわずに避難していただきたかったですし、そのように早期に発信される社会の仕組みであってもらいたいと願うばかりです。


2017年1月から地震保険の半損の細分区分が見直されます。 2016/02/24

 この改正内容はどこまで知られているかわかりませんが、最近は特に目にしなくなったように思います。そもそも元々の区分も一般にはどれだけ把握されているのかよくわかりませんけれど…。

-----

 前回の記事はこちらです。

 カテゴリーごとにお勧め記事をピックアップ : 損害保険編<その1>

 今回で「損害保険編」は完了です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)