事例の積み重ねがある / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート59回目


 14(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第66回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算59回目です。前回の記録はこちらです。

 今回は4名の参加がありました。人数という意味合いにおいては低調な会だったと思います。でも、参加されたご家族の満足度は間違いなく高いことがひしひしと伝わってきました。


 抗がん剤治療・入院生活・大手術、当たり前ですがすべて初めての経験である人(家族)がほとんどです。治療方法という大方針だけでなく、生活に関わるちょっとした知恵、大手術前後の心構え、ケーススタディ、当事者では思いもつかないことを経験者はお話しできますし、これだけ長く続いてきているピアサポートだからこそ事例の積み重ねがありますので伝えられる情報が多岐にわたります。

 当事者でない私が見聞きしてきたことであっても、治療中の方々にとってはたいせつな情報です。伝え方には気をつけているつもりですけれど、できる限りの選択肢は知ってもらいたい気持ちは強いです。


 がん患者さんをサポートする側におられた専門家さんが別の病気で府立医大に入院されていまして、ピアサポートに参加くださいました。
 当事者になって初めて分かったこと、でも専門知識があるからこそ伝えられること、とても明るくお話しくださったのが印象的でした。
 積み重ねって大事ですよね。こういった場の重要性は言葉で言い表しにくいです。

-----

 ピアサポートとは「同じような立場の人によるサポート」という意味です。20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 現在の私は患者会さんを通じたボランティアです。近い将来、がん相談支援センターなど患者にとって比較的足を運びやすい場所で、ファイナンシャルプランナー(FP)知識を持ち、相談実務のある専門家が当たり前に相談員として病院に採用され、いつでも相談を受けられるような社会になっていてもらいたいと思っています。

 これまで私がお受けした質問への回答は、すべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】
 何かの参考になりましたら幸いです。

----- 

 次回は8/25(金)です。原則第2金曜日ですが、お盆期間などの関係で次回は第4金曜日です。ご注意ください。ピアサポートは患者会さんはサイトだけでなくfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ
 私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートはつくばでもおおよそ毎月、不定期ですが大阪(吹田)や東京でも開催されています。

 これらの情報は患者会さんのサイトで公開されていますのでぜひ参考にしていただきたいです。

 共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----------

 15(土)・16(日)久しぶりに連休をいただきます。
 17(月・祝)終日事務所にて個別相談2件お受けします。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)