1人のアドバイスを鵜呑みにするリスク


 今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 25(火)午後、大阪市某所の介護事業所経営者Tさんを訪問しました。

 介護事業の賠償責任保険、火災保険、経営者の生命保険、この3点についてアドバイスを求めてくださいました。損害保険はシンプルだったのですが、生命保険は顧問税理士さんの提案のまま加入されており内容は衝撃的でした。

 事業を開始されて日が浅いとまでは言いませんが、今のところ長年続けておられるわけではないTさんですので、事業の開始にあたっては借入金もあります。とはいえ当初から売上も順調で、いわゆる節税目的も兼ねた生命保険の活用は問題ないと感じます。

 ただ、そのために加入しておられた商品を見て、目が点になりました。すこぶる良好な健康状態のTさんとはいえ、節税が独り歩きして保障内容が極貧でした。詳しくは書けないのですが、保険会社の営業担当さんならあり得ない内容で、顧問税理士さんから決算後に提案を受けて信頼して加入されていました。しかもこの商品は春に新発売されたばかりのもので、、、悩ましすぎました。

 「今後は何事も事前に伊藤さんに相談します」とおっしゃってくださったのはありがたいことですし、不安に陥れたかったわけでも税理士さんを悪く言いたかったわけではありませんが、やはり1人のアドバイスを鵜呑みにするリスクとでも言うのでしょうか。私も精進せねばなりません。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 26(水)午後、とあるご紹介のご縁で大阪市内某所の大手企業さんにてTさんのご相談をお受けしました。

 シンプルに住宅ローンと返済計画の考え方、そして団体信用生命保険と生命保険のバランスについてアドバイスを求めてくださいました。「シンプルに」と書きましたが、いずれも前提条件をきちんと確認しないとアドバイスが難しいものですから事前にはかなり詳細な情報をお預かりしていました。

 諸々の事情で最初にご連絡をいただいてから今回初めてお会いするまで少し日があいてしまったんです。その間にご自身でも調べてみられ、生命保険については某最大手来店型ショップで提案を受けて加入手続きまで進めておられました。その内容はお会いする数日前のことだったので私は伺っておらず、Tさんご自身もまさかそんなにも違いのあることなのかと想像もしておられませんでした。

 結果として一部は変更されることになりそうです。「伊藤さんに聞いてから動けばよかったですね…すみません…」と言っていただくことになってしまい、こちらのほうこそ謝っていただきたいわけではありませんので本当にすみません…。長期の視点、大事です。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 水曜の夜、大阪で専門家の集まる宴に出席してきました。

 税理士・司法書士・社会保険労務士・弁理士、この4名と関係の深いメーカーの経営者さんと企画責任者さん、そして私です。
 今のところ私は直接的にこのメーカーさんのお役には立てておらず、そもそもの関わりもなかったわけなのですが、税理士さんが「このチームには伊藤さんにも入っておいてもらいたい」と熱烈にお誘いいただいてしまったという経緯です。

 ファイナンシャルプランナー(FP)が一体どんな専門性を持っているのか、メーカーのお二人はもちろん税理士さん以外の専門家の方々にも理解いただくにはもう少し機会が必要ですね…私から動かねばです。

 皆さま、ありがとうございました!!

-----

 28(金)個別相談2件お受けします。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)