夫婦ともに活用するなら先行すべきはどちらか


 先週後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 27(木)午前中、上京区のMさんが事務所へお越しくださいました。

 資産全体の把握をお手伝いしました。夫婦であれば資産の名義はそれぞれです。とはいえ、これから何か新しい仕組みを活用していくうえでは、夫婦どちらで活用するほうが有利なのか、夫婦ともに活用するなら先行すべきはどちらか、このあたりの視点を持っていただくことが重要です。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 税理士さんと私が発起人の月1開催のランチ会を。

 33回目の今回は、税理士・不動産鑑定士・司法書士・不動産仲介業・FP(私)という5人でした。この会のことを最近はブログで書いていませんでしたが、こじんまり続いていまして毎回ほんま楽しい会です。

 京都市内中心部の店舗・オフィスなどの賃貸物件に詳しい不動産仲介業さんがおられますので参加くださるときは時事ネタを多く聞けますし、あっここ変わってる!と思ったところの情報もほぼ持っておられるので驚くことが多いです。

 今回は男5人には似つかわしくないイタリアンのこじゃれたお店でして、そのギャップもまたいい感じです。

 皆さま、ありがとうございました!!

-----

 28(水)午前中、左京区のOさんが事務所へお越しくださいました。

 約3年前にOさんご本人がiDeCo(当時は個人型DC)を始められ、とある状況の変化がありまして春から改めてご相談をお受けし、ご主人がiDeCo(個人型確定拠出年金)を始められることになり、今回で手続きも完了しました。

 これまでの経験も踏まえられ、追加で投資信託の積立購入を前向きに検討されることになり、証券口座の開設およびNISA(少額投資非課税制度)口座の開設のお手伝いを。

 ご夫婦あわせて世帯でのアセットクラス(投資先の配分)が大事です。実際に長期にわたって積立購入を続けていくうえではリバランスの考え方も大事です。

 Tさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 一応念のために書いておきますが、私は金融仲介業者(いわゆる証券会社の代理店)ではありませんので、口座開設の具体的な手続きの対応や個別具体的な商品の情報をお伝えすることはできません。

 しかし、より有利でシンプルな証券会社の情報はお伝えすることができますし、そこで開設手続きを進められるうえで困られたことをサポートすることは可能です。また、商品情報については、まずは種類(運用方針)・手数料を知っていただくことで選択肢を限定していくことが可能です。最終的に選ばれるのは相談者さんご自身ですので、各種業法を破ってしまわないように細心の注意を払っています。

 でも、これらは単に「この商品がお勧めです!」としてしまうよりも大事なことだと思っています(そもそも私はできないわけですけれど…)。最終的な商品選定において重要となるポイントをおおよそでも把握できていることが長期にわたる資産形成において基本となる大前提です。

-----

 31(月)基本的に事務所の予定です。

 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)