商品提案・営業行為であるにも関わらず、それを「FP相談」と発信するのをやめてもらいたい



 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。

 9(水)京都北部在住のKさんのご相談をお受けしました。お付き合いが8年になるKさんです。今回は火災保険・企業型DC・医療保障と緊急予備資金についてアドバイスを求めてくださいました。

 状況は変わるのが当たり前です。その時に応じて最適を機動的に選択できれば良いですが、その選択が本当に最適だったのかどうかは正直に書いて将来になってみないと分かりません。でも、今から将来を限定的にしてしまうのではなく、将来にも選択肢を持てるようにしておきたいのが私のスタンスです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 12(土)長岡京市のMさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 数年前に私が講師を務める講座を受けてださったご夫妻です。私のスタンスをおおよそ理解してくださっているので、ありがたいことです。

 相続・遺言の種類と資産の整理→iDeCo(個人型確定拠出年金)金融機関選びのポイント→医療保障と高額療養費・福利厚生制度・緊急予備資金→資産運用と投資信託→個人年金保険とNISA(少額投資非課税制度)→シンプルな家計管理の考え方、といった流れのたっぷり3時間超の初回相談となりました。

 ファイナンシャルプランナー(FP)は具体的な遺言作成のお手伝いはできません。どの資産を誰に相続させるのかという具体的な話も法律相談ですので難しいです。でも、その相続関連を考えるにあたっての資産整理は専門分野です。ここが土台として適切に整理できるからこそ、次の専門家がスムーズに対応できるものと思っています。中長期の対応を進めさせていただくことになります。

 Mさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 ツイッターに投稿しました。



 「無料セミナー後の無料相談で、資産運用に回したい金額情報だけで一時払通貨選択型変額保険を提案して契約を取る」という金融商品を取り扱ううえでの営業活動を否定しているわけではありません。
 間違いなく商品提案・営業行為であるにも関わらず、それを「FP相談」と発信するのをやめてもらいたいんです。

 この状況にあられた相談者さんは「ファイナンシャルプランナーさんに相談しました。FP相談だとおっしゃってました」とお話しされていましたが、私が提供したFP相談とは明らかに異なることを理解してくださいました。

 地道にがんばります。

-----

 お盆期間ですね。15(火)または16(水)までお休みの事業所が多いのでしょうか。大手企業だと11(金・祝)から20(日)まで10連休のケースもあるようです。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)