iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年7月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年7月末時点のものです。

 2017年6月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年6月末時点>

-----

 まず企業型。

 2017年6月末時点で約628.0万人です。

 新規加入者51666名とありますが純増は約2.3万人です。
 差の約2.86万人は中途退職?年度はじめでも定年退職の影響でしょうか?


 次に個人型。

 2017年7月末時点で約58.4万人。
 2017年6月末と比べて、1ヶ月で約3.6万人増えています。

 今回は6.6%増です。先月は6.7%増、先々月は6.1%増、4月は13.9%増、3月14.2%増、2月14.9%増、1月8.3%増ということで、数では先月と比べて1500人多く増えていますが、率は下がっています。ここの率が大きく跳ね上がることはもうないのかもしれません。
 ちなみに数のピークは4月の約6万人増です。


 新規加入者3.6万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3637人  3.8%増
 ・第2号被保険者(会社員) 22709人 6.3%増
 ・第2号被保険者(公務員) 8416人 10.0%増
 ・第3号被保険者      1304人 12.0%増


-----
 
 公的年金の被保険者の数はこちらです。
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約628万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3058万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


 新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.022%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.074%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.190%
 ・第3号被保険者      0.014%

 公務員さんの増え方が盛り返しました。
 数でいえば会社員ですが、率は公務員さんが圧倒的です。

 そして、この公務員さんの区分には私学学校の教職員さん(私学共済)も含まれています。公立・私立を問わず、教職員さんのiDeCo相談を受ける機会が私も(会社員に比べて)多いですし、実際に手続きのサポート件数も多いです。
 


 iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.585%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.250%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.085%
 ・第3号被保険者      0.122%

 公務員さんが2%に到達です。50人に1人です。これは大きいです。
 他は本当にまだまだだと感じます。


 改めましてiDeCo加入者の総数、約58.4万人の内訳です。

 ・第1号被保険者      97558人
 ・第2号被保険者(会社員) 382315人
 ・第2号被保険者(公務員) 92367人
 ・第3号被保険者      12174人
 
 被保険者全体で0.955%です。来月には1%(約61.2万人)に届きそうです。


-----

 初めて計算してみた数字があります。

 ・第1号被保険者      775人
 ・第2号被保険者(会社員) 816人
 ・第2号被保険者(公務員)  4人
 ・第3号被保険者       0人

 第2号被保険者(会社員)の加入者数は今月382315人・先月360422人で、この差は21893人です。新規加入者22709人との差が816人です。
 816人は他の区分へ移っているということです。第1号なのか公務員さんなのか第3号なのか、はたまた企業型DCなのか。もちろん実際にはわかりません。

 もっと言えば、816人以上が他の区分へ移っているけれど、新規加入ではなく第1号被保険者から移ってきている人がいるということも考えられるパターンです。
 第3号はゼロです。3号から他の区分へ移った人がいないのか、数人は移っていったけれど第1号・会社員・公務員から3号に移ってきた人も同数いるのかもしれません。


 考え出すとキリがないのですが、数字って分解してみるとさまざまなパターンを妄想することができますので、世の中でどんな動きが起こりうるのかイメージできるものと思っています。

 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして取り上げていますが、先月からの第5シーズン(2017年8~10月)は公的年金です。

 次回の第6シーズンに再度iDeCoセミナーを開催することにしました。2017年11月~2018年1月です!お楽しみに!!


<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<過去参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!

 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)