ひと言でいえば100人に1人が使っているiDeCo。加入者はまだまだ希少の域 / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年9月末時点>


 確定拠出年金の施行状況 厚生労働省web
 今回の記事で書き出す内容は2017年9月末時点のものです。

 2017年8月末時点の情報をまとめた記事はこちらです。
 第1号被保険者と公務員さんで10万人を超え、会社員で40万人を超えました / iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入者数と比率<2017年8月末時点>

-----

 まず企業型。

 2017年8月末時点で約632.3万人です。

 企業型DCの新規加入者32046名とありますが、7月末と比べると約6000人減っています。ということは元々の加入者からは合計で約38000人減っているということです。いつもながらここの理由が気になります。



 次に個人型。

 2017年9月末時点で約65.2万人。65万人を超えました。
 2017年8月末と比べて、1ヶ月で約3.3万人増えています。

 今回は5.4%増です。
  8月 6.4%増
  7月 6.6%増
  6月 6.7%増
  5月 6.1%増
  4月 13.9%増
  3月 14.2%増
  2月 14.9%増
  1月 8.3%増
 数のピークは2月の約4.9万人、3月の約5.4万人、4月の約6.0万人がピークでした。


 新規加入者3.3万人の内訳、前月比です。

 ・第1号被保険者      3646人 3.6%増
 ・第2号被保険者(会社員) 20435人 5.1%増
 ・第2号被保険者(公務員) 8057人 7.9%増
 ・第3号被保険者      1283人 9.6%増

 公務員さんは6~8月の3ヶ月連続で10%を超える増え方でしたが、ここにきてトーンダウンです。人数では2月の約2.3万人、3月の約2.0万人、4月の約1.7万人がピークでした。
 会社員さんもGWで営業日数の少なかった5月を除けば、今年2月からずっと毎月2万人以上の新規加入が続いています。最大は4月の35548人でした。単月の2万人を下回らないように願うばかりです。

-----
 
 公的年金の被保険者の数はこちらです。
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 ・第1号被保険者      約1668万人
 ・第2号被保険者(会社員) 約3686万人
  ※ このうち企業型加入者が約632万人なので
    iDeCoを利用できるのは約3054万人として計算しています。
 ・第2号被保険者(公務員) 約 443万人
 ・第3号被保険者      約 915万人


 新規iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.022%
 ・第2号被保険者(会社員) 0.067%
 ・第2号被保険者(公務員) 0.182%
 ・第3号被保険者      0.014%

 数でいえば会社員ですが、率は公務員さんが圧倒的、約3倍です。
 公的年金や確定拠出年金について積極的に情報発信されている、とあるベテラン専門家さんが新規加入者の数(会社員20435人・公務員8057人)を見て、「公務員(および私学の教職員)の増加が望まれる」とwebで発信されていました。いやいや待ってください。母数が違いすぎます。被保険者数は会社員約3054万人・公務員約443万人なので約7倍異なります。でも新規加入の割合は公務員さんが約3倍高い。なんか新聞とかテレビのような情報発信のされ方だなと感じてしまいました。察してください…(すみません


 iDeCo加入者数/公的年金の被保険者数です。

 ・第1号被保険者      0.619%
 ・第2号被保険者(会社員) 1.388%
 ・第2号被保険者(公務員) 2.490%
 ・第3号被保険者      0.160%

 公務員さんはまもなく2.5%に到達です。40人に1人です。
 会社員が40人に1人になろうとすれば加入者は約76万人が必要です。新規に約34万人も必要です(しつこくてすみません


 改めましてiDeCo加入者の総数、約65.2万人の内訳です。

 ・第1号被保険者      103269人
 ・第2号被保険者(会社員) 423930人
 ・第2号被保険者(公務員) 110314人
 ・第3号被保険者      14668人
 
 公務員さんが第1号被保険者を追い抜かしたのは1ヶ月前の8月です。
 一気に突き放しにかかっている状況です。

 公的年金の被保険者数は約6121万人(2016年3月末)。
 先月ついに全体で1%を超え、今月で1.07%ですので来月には1.1%も超えそうです。

 
 ひと言でいえば100人に1人が使っているiDeCo。
 加入者はまだまだ希少の域でしょう。
 
 この数字の把握は今後も継続していく予定です。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)に関しては自主開催セミナーとして、11月からの第6シーズンに開催します。2017年11月~2018年1月です。ぜひぜひです!!

<ブログカテゴリ> 自主開催セミナー情報
<参照コラム> 確定拠出年金のことをファイナンシャルプランナーに相談する<2>将来資金形成の第一候補は個人型!

 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)