その選択肢を具体的に進めるにはどのような段取りが必要なのか


 先週の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 京都市内在住のMさんが事務所へお越しくださいました。

 住宅の住み替えを検討されています。これからリタイアまでの収入見込みと公的年金の受け取り見込額、そして現在の貯蓄額を基本に、どのような選択肢が考えられるのか、その選択肢を具体的に進めるにはどのような段取りが必要なのか、一緒に確認を進めました。長期での継続対応となりそうです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 大阪市内在住のKさんが事務所へお越しくださいました。

 10年前に加入された貯蓄(運用)型の生命保険商品が満期になることをきっかけに、今後の資金計画について幅広く意見を求めてくださいました。

 住宅ローン・教育費・将来に向けた資産形成、そして身の回りで優先して使いたいこと。優先順位は人それぞれ異なります。
 現状はどの選択肢もかないそうな見込みでしたので、どのように順位付けされることになるのか、それによって段取りを整理させていただく問流れです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 京都市内在住のKさんが事務所へお越しくださいました。

 事業と家計の両面から継続的なアドバイスを求めてくださっています。私に依頼をくださる前のお付き合いから、さまざまな投資性商品の提案があるようで1つひとつ情報を集めていただき、受けておられる説明からは聞いておられないと思われるリスクをお伝えしています。

 今回の件でいえば、起こるか起こらないかでいえばおそらく起こらないリスクだと感じました。ただ、可能性はゼロではありませんし、その可能性を伝えずに提案されている担当さん(代理店さん)の印象はあまり良くないです。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今年は紅葉(こうよう)が早いです。報道でも言ってましたし、実感もあります。週末は仕事も家庭もイベントが多くて、のんびり紅葉を楽しむ時間が今のところ作れていません。そうこうしているうちに冬になってしまいますので、何とかそれだけは回避せねばなりません。
 過ごしやすい季節って本当に短くなってしまった気がするのですが、気候が変わってきているのか、単に歳を取ったことで時間の流れが早くなってしまった最近わからなくなってきています。


 14(火)朝と夜は2018年1月検定向けFP3級資格取得講座(全14回)の講師対応、第9回目です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)