リースバックとリバースモーゲージの勉強会に参加してきました。


 ファイナンシャルプランナー(FP)にはスタディグループ(SG)という勉強会があり、不動産関連に特化したSGへ今週、約5年ぶりに参加してきました。

 不動産金融のいろいろ ~リバースモーゲージ、不動産担保融資、リースバック~

 講師は株式会社ハウスドゥのグループ会社、株式会社フィナンシャルドゥの小川晋吾氏。


 私が気になったポイントだけ書き出します。

-----

■現在の市場環境

・不動産は未だに業者と顧客で情報の非対称性が顕著
・2013年6月から元プロ野球選手の古田敦也さんがイメージキャラクター

・貸金業者数は直近で2000社を下回っている。
 1980年代のピーク時は約47500社。
2006年の総量規制の影響で、今も闇金が深い…
・銀行は高齢者にお金を貸さない傾向=「不動産+金融」の可能性


ハウスリースバック(商標?)

・所有権が移るので税金に注意
・問い合わせに対して成約は5~6%(約20件に1件)

・単身高齢者(65歳以上)向けサービス
 安心コールサービス
  実際につながらなくて家族に連絡
  家族が駆けつけたところ倒れていたという事例も
 見守りDo!
  電話ではなく訪問できるのは全国の店舗網があるからこそ


■不動産担保ローン

・世間的に金利が高いのでネガティブな印象が強い?
・納税資金や別の不動産を買うためなど、一時的な資金需要
 年度末にあたる3月は融資実行件数が増える
・金利が高いので10年以上長く借りるような計画は×
 長くて5年、できれば2年程度までにしたい


■リバースモーゲージ

・言い換えれば「新しい不動産担保ローン」
・月々の支払い(返済)は利息のみ
・融資にあたっての不動産の評価は流通性が重要
・対象者は50~80歳
東京スター銀行静岡銀行は制約が多い
 55~75歳・外国籍を除く・マンションは対象外など

・フィナンシャルドゥは信用金庫と保証契約
 サービス利用者は信用金庫と契約
・処分(売却)を見込めることができれば保証している
 一般の保証会社とは異なる

-----

<所感>
 
 正直に書きますが、私は実際にこういった相談を受けたことはこれまでにありませんし、必要かなと感じた相談もこれまでにありません。
 「リバースモーゲージ」って目にする機会が増えましたし、たまに話題に出たり質問を受けたりすることもあるのですが、不動産に関する相談に特化して大阪で私よりもかなり長く活動されているファイナンシャルプランナー(FP)の知り合いに聞いても、取り扱いは1件もないということでしたので、実際には関東の中心部に限られているのかなという印象です。

 そして今回、やはり気になったのは金利です。マイナス金利の現在でも約8%です。
 仮に1000万円の融資を受けられたとしても、12.5年で100%に達します。

 それでも「一時的な資金需要」であったり、健康状態などによっては選択肢となるものなのだと感じました。学ぶ機会のない情報でしたので参加できて良かったです。

 講師の小川さん、SGのお世話役の皆さま、本当にありがとうございました!!
 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)