記事の内容は公的年金の問題ではなく福祉の問題


 公的年金に関する記事が最近多い気がします。
 ツイッターでは比較的リアルタイムで取り上げていまして、ブログでもいくつかご紹介しておきます。




 根拠のない、不安をあおるだけの内容はもうそろそろ勘弁してもらいたいです。

-----

 次の記事は誤解を生む一節がありました。



 繰り返します。
 このデータは国民年金のみ受給者ですので、厚生年金を含む公的年金の受給者全体ではありません。


 根拠はこちらの20枚目の表24です。
 平成27年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況(PDFファイル注意)

 そして、国民年金のみ受給者は2011年度なんて新規の4人に1人が繰上を選んでるんです。経済状況もあったとは思いますが、テレビや雑誌のあおりの責任もあるのではと感じざるを得ません


 参考ツイートはこちらです。
 


 リンク先は、PDFファイル注意です。

-----

 最後に、繰上げではなく繰下げについても取り上げておきます。



 65歳時点で、健康で余程の事情がなければ公的年金の受け取りは「繰下げ一択」だと言い切りたいほどです。




 非常に大事な仕組みです。

 「2020年中にも関連法改正案の国会提出を目指す」とありましたが、2018年初の今からだと、ちょっと先ですね…本当に進んでくれるか若干心配です。

-----

 <参考記事> ”ちょっと気になる社会保障 増補版”読みました。
 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 公的年金・ねんきん定期便 相談

 ご参考になりましたら幸いです。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)