誰にも共通する「長く働くって大事ですよね」という現実的なお話


 先週後半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 京都市内在住のKさんが事務所へお越しくださいました。

 ご依頼をいただいたキャッシュフロー表を確認いただき、想定されているこの10年、そしてそれ以降の見通しを数字で把握していただくことができました。
 ファイナンシャルプランナー(FP)でいうところの「リタイアメントプランニング」です。入ってくるお金の中心は公的年金ですから大きな変動はありませんので、要素は支出に大きく依存します。

 「今も、もうちょっと使ってもらって大丈夫ですよ」というアドバイスがお伝えできてひと安心です。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 大阪のNさんご夫妻が事務所へお越しくださいました。

 ご依頼をいただいたキャッシュフロー表を確認いただき、住宅購入に向けたイメージを持っていただきました。

 若い世代が将来の見通しを立てるとき、あまりに楽観的でも悲観的でもいけませんが、基本的には収入は少なめ・支出は多めで作らざるを得ません。また、変数をできるだけ少なくするのもポイントです。何が影響して将来の数字が変わってくるのか、あれもこれも確認が必要となるとわけのわからない数字遊びになってしまう恐れがあるからです。

 あわせて生命保険との付き合い方もお話しし、数字をもってより具体的に前へ進んでいくことになりそうです。

 Nさん、奥さま、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 同じく大阪のYさんが事務所へお越しくださいました。

 とあるご紹介がご縁のYさんは、とある超専門家さんが私を推薦くださったという背景があり、とっても嬉しい限りです。

 医療保障と高額療養費・傷病手当金・緊急予備資金・団体保険・所得補償保険→個人賠償責任保険と火災保険→将来資金と公的年金・企業年金→iDeCo(個人型確定拠出年金)とつみたて投資という流れの初回相談となりました。

 保険のこと将来資金のことを知りたいと思い、無料の保険相談へいくつか足を運ばれたYさん。出てきた提案が「私の話、聞いてくれてた!?」というもので不信感が大きくなられたそうです。提案内容もお聞かせくださり、確かに…。

 結局は誰にも共通する「長く働くって大事ですよね」という現実的なお話になってしまうのですが、たくさん笑っていただけましたので楽しい時間を過ごしていただけたものと思っています。

 Yさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 今週前半はまた寒波で、インフルエンザがかなり広がっているようです。
 皆さまご自愛くださいませです。

 あっ、私はおかげさまで風邪の気配が(今のところ)ひとつもありません。

 
 5(月)・6(火)終日事務所の予定です。
 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)