FC2ブログ

私立文系4年で総額700万円と386万円の違い


 毎週発行されているフリーペーパー特集で教育ローンが取り上げられていました。
 (お勧めしにくい記事でしたので参照リンクは紹介しません)

 日本政策金融公庫「国の教育ローン」、各金融機関の「教育ローン」「多目的ローン」の紹介とともに、その地域で無料のマネーセミナーの案内(広告)を毎週のように出しておられる乗合保険代理店・金融仲介業者(証券会社の代理店)所属のファイナンシャルプランナー(FP)による解説のある記事でした。


 気になったのは「大学生の教育費総額」というデータ。

 出典は公益財団法人生命保険文化センターの「大学生にかかる教育費はどれくらい?」。
 2018年2月現在のリンク先は2017年版とあります。

 フリーペーパーで取り上げられていた2018年1月改訂版の「ライフプラン情報ブック」とはデータが異なっていましたので書き出してみます。
 大学の私立文系・自宅4年の総額です。

 2018年1月改訂分と思われる記事データでは704.9万円、本文では約700万円とされていました。
 2017年版では683.6万円です。21.3万円(1年あたり5.3万円)もアップしていました。


 私がいつも参考にするデータの最新版はこちらです。
 私立大学等の平成28年度入学者に係る学生納付金等調査結果について
 私立文系の4年間の総額は約386万円です。

 約700万円と約386万円の差額314万円は何なのでしょうか。


 386万円の内訳は授業料・施設設備費・入学金です。
 700万円にはこの3つに加えて、受験関係費用・生活費が入っているようです。

 受験関係費用は出典がわかりません。私が見つけたのはこちらです。
 受験にかかるお金(ベネッセ)
 シミュレーションは293,000円です。
 
 ですので差額の残は285万円。
 これを4年で割ると年間71万円、月59000円が生活費です。
 大学生の子どもの生活費、対象は何なのでしょうね…

 食費・光熱費・サークル活動、教科書代も含むのでしょうか。
 私にはわかりません。

-----

 いずれにしても言えるのは、生活費とは大学に通っていなくても一緒に生活していればかかってくるお金です。いわばランニングコストですので、一括で必要となるお金ではありません。

 700万円を大学入学前に貯めておく必要があるなんてアドバイスは不毛にしか見えません。


 大事なのはインパクトのある数字ではありません。その内訳です。
 もちろん今回のケースで700万円を貯めることができていれば、どのようなイレギュラー(想定外)が起こっても何とでも対処できるでしょう。選択肢は大事です。

 でも、将来に向けて貯めないといけない強迫観念にとらわれ、子どもの小さい今、楽しみに使えるお金の範囲が狭まってしまうことには疑問を感じるケースもあります。


 金利なしで割り算してみます。
 386万円÷18年÷12月=約17870円
 700万円÷18年÷12月=約32400円
 毎月に必要な積立額のインパクトが大きく違ってきます。
 ここで金融商品の提案がばっちり出てきそうですね…

 背景・根拠を知る必要があるというお話しでした。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)