FC2ブログ

源泉徴収票の読み方から「税計算の流れ」「控除の仕組み」「今できること」を知る / ミニセミナー第7シーズンスタート!


 21(土)午後、第7シーズン1回目(通算19回目)のミニセミナーを事務所にて開催することができました。

 自分や家族に関わる制度を把握!
 会社員・公務員のための源泉徴収票の読み方セミナー

 180421_11

 配付資料のタイトルを大公開です。

-----

■ 所得(もうけ)と税計算の流れを知る
・源泉徴収票で何がわかるのか
・所得の種類①②
・所得税・住民税と年末調整・源泉徴収票の流れ
・年収から所得税の額が決まるまで

■ 源泉徴収票から控除と税率を知る
・給与と経費 ~ 2019年までの給与所得控除 ~
・給与と将来の経費 ~ 2020年からの給与所得控除 ~
・源泉徴収票と所得控除①~⑥
・所得税額の計算
・所得税額の計算<参考①~③>

■ 所得税の影響範囲と今できることを知る
・医療費控除①~③
・住宅ローン控除 <税額控除>
・保育料①~③
・児童手当①②
・個人年金保険と iDeCo(個人型確定拠出年金)①~④
・こんなときは①②
・税の扶養と社会保険の扶養
・過去分はいつまでさかのぼれる?
・副収入のある場合
・全体像の把握を

-----

 アンケートにご記入くださった感想をご紹介します。

 「所得税と住民税の年の考え方の違いと保育料への影響が印象に残った」

 「確定申告を経験したので控除の見方は分かっていたけど、住民税の通知が6月に来る理由が今回初めて分かって良かった」

 基礎知識をかなりお持ちの参加者さんでしたので視点が上級者と言えそうです。


 私が40代ということもあり、またこれまでの事務所セミナーを受講くださった方々の中に50代の人はおられませんでしたので20~40代を意識した保育料や児童手当(所得制限あり)も取り上げています。


 今回のお菓子も出町ふたばさん。
 豆餅と柏餅でした。(写真を撮り忘れました…)

 ご参加くださいました若干名の皆さま、ありがとうございました!!

-----

 源泉徴収票の読み方セミナーの第2回目は2017/5/19(土)、第3回目は2017/6/16(土)です。
 いずれも現状は席(定員4名)に余裕あります。
 blogカテゴリ「自主開催セミナー情報」もぜひご参照ください。


 23(月)終日事務所の予定です。個別相談2件お受けします。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)