常に寄り添うカタチが誰にでも必要というわけではありません


 今週前半の相談対応のまとめ(抜粋)です。


 長岡京市のMさんが事務所へお越しくださいました。

 とあるご紹介がご縁のMさん、早いものでお付き合いも4年です。

 今回は火災保険についてシンプルにご質問くださいましたが、流れもあって自己負担(免責)金額・諸費用の%と限度額・契約者と地震保険料控除など、深い部分までご理解いただけたと思います。
 あわせてお子さんがご結婚されたということで(おめでとうございました!)、生命保険などの相談について今後の流れも確認くださいました。お役に立てましたら幸いです。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 右京区のKさんが事務所へお越しくださいました。

 公的年金と不動産収入を中心に、将来の見通しについて作成したキャッシュフロー表を確認いただきました。
 ご自身で作成されていたキャッシュフロー表と大きな違いはありませんでしたので数字のうえではよく把握されていましたが、項目を詳細に分けてしっかりと推移を確認させていただきましたので、今後の検討項目と課題が浮かび上がったもの、より鮮明となったもの、このあたりを把握いただけたことが今回の一番の収穫となりました。

 さまざまにご自身で対応されてこられたKさんですので、今後も私のサポートを優先的に必要としていただけるかは現時点では分かりません。常に寄り添うカタチが誰にでも必要というわけではありませんし、このあたりはいかようにでも対応しているのが私の特徴だと思っています。

 Kさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 京都市内在住のMさんが事務所へお越しくださいました。

 相続に伴って不動産の売却を検討されていますが、さまざまな経緯がありますので親族の方々を中心として出てきている「わからないこと」の不安や疑問を一手に引き受けておられる状況です。

 これまでは私がそれらを1つひとつ読み解いて解説してきましたが、具体的な売却の段階へ進むことになりましたので、経験豊富な不動産仲介業者さんにも入っていただき主には契約の詳細について疑問・質問へ一緒にお答えしました。すごく大事なワンステップになったと思っています。

 Mさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 11(金)午前中は滋賀リビング新聞カルチャークラブ「FP3級資格取得講座」の最終回(14回目)、午後は今年度から2~3ヶ月に1回の開催となりました第75回目の精巣腫瘍患者友の会ピアサポートにアドバイザーとして参加してきます。私の参加は66回目です。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)