FC2ブログ

「あいかわらず営業下手ですねー…」 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート66回目


 11(金)、京都府立医科大学附属病院で2012年1月より毎月開催されている「精巣腫瘍患者友の会」主催、第75回目のピアサポート(13~17時)に今回もアドバイザーとしてお邪魔してまいりました。私の参加は通算66回目です。

 前回、3月の開催の記録は↓こちら。
 慎重に慎重を重ねた熟慮が必要 / 「精巣腫瘍患者友の会」主催ピアサポート65回目


 2018年度より京都でのピアサポートは原則的に3ヶ月に1回(第2金曜)の開催となりました。
 その代わり、吹田(大阪)での開催は原則毎月(第2土曜)です。土曜日に私が参加するのはかなり難易度が高いのですが、京都の開催が少なくなりましたので吹田にも3ヶ月に1回程度は参加できればと考えています。

-----

 今回は8名の参加がありました。 

 2年前に大学生の息子さんの件で参加されていたお母さん、治療が落ち着かれて息子さんも無事に就職され、将来的に生命保険には加入できるのかという質問をいただきました。

 まずは何よりも「就職おめでとうございます」からお話しし、保険商品への加入に限らない選択肢を考えられる範囲でお伝えしました。


 手前味噌で申し訳ないのですが、結婚やお子さんの誕生などの「イベント」が見込まれる際には相談いただければお役に立てることもあると思いますとお伝えしましたところ、横で聞いてくださっていた患者会の代表さんが「あいかわらず営業下手ですねー…」と合いの手を入れてくださって助かりました。

 有料相談の押し売り(営業)ほど難しいものはありません。本当に悩まれる場面が出てきた際にwebなどをご覧くださって相談してみようと自ら思ってみていただかないと一緒に考えて行かねばなりませんので本当に難しいんです。これは病気をお持ちであってもそうでなくても同じです。


 ピアサポートとは「同じような立場の人によるサポート」という意味です。
 約8年前のご縁からこうしてお手伝いしていますが、患者会さんで私は唯一経験しておらずその家族でもありません。でも、仲間の一員として受け入れていただいています。ありがたいことです。

 20~30代が好発年齢の精巣腫瘍。働き盛りであるがゆえ、お金の情報面でのサポートは必要性・重要度が本当に高いです。

 私の専門性につきまして、これまでお受けした質問への回答はすべてではありませんが主なものをこちらにまとめています。
 がんに関する医療制度とお金のQ&A【メルマガ寄稿】

----- 

 次回の京都は8/10(金)です。私は京都でのピアサポートだけに参加していますが、ピアサポートは大阪(吹田)・つくばでもおおよそ毎月開催されています。患者会さんのfacebookページもありますので、ご興味お持ちの方はぜひチェックしてみてください。
 精巣腫瘍患者友の会【J-TAG】facebookページ

 代表の改發さん、共同代表の古谷さん、参加された皆さま、今回もありがとうございました!!

----- 

 14(月)打ち合わせ2件と夜は大阪の某企業の従業員さん向けに iDeCo(個人型確定拠出年金)研修会の講師(第2回目)です。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)