身内にきちんと説明できないようなものは加入・契約・購入する必要のないもの


 先日、私自身の所用で某ゆ〇ちょ銀行の比較的大きな店舗の窓口で1件手続きを依頼し、待合いに座っていました。

 店舗全体としてはすいていましたし、カウンター奥の職員さんも手のあいておられる方は何人かおられそうでしたが、3つあるカウンターのうち1つでおばあさんが長時間お話しされていたこともあってか十数分ほど待ちました。

 このおばあさん、間違いなく後期高齢者です。背も小さく小柄で声も小さく、「貯金・保険」カウンターの女性の職員さんに通帳を見てもらいながら説明を受けておられまして、同じことの繰り返しだったので耳に入ってきました。

-----

 職員さん 「今加入している保険は月の保険料が5万円ちょっとですよ」
 おばあさん「えっ…!? 保険だったの…」

 職 「はい、保険です」
    年払の保険料60万円が数日後に引き落とされます」
 お 「そんなにたくさんは困ります…」
 
 職 「他にも、ひ△わり生命というところから
    毎月2万□千円が引き落とされていますね」
 お 「それもよくわからないの…」

-----

 この職員さんは事実を丁寧に説明されていました。対応として間違っておられないと感じました。
 ただ残念なことに、当然ながらどのように契約内容を変更したいかのような流れにはされません。おばあさんも解約したいというようなことは、はっきりと言われません。

 会話の状況からこの店舗の窓口で加入されたのではないようです。となれば営業職員さんが自宅を訪問してこられて契約されたのでしょう。

 私の立場的にはクチを挟みたくなりましたが、さすがにそんなことはできませんので、最後まで聞かずその場から離れました。おばあさんのその後が気になるところです。


 お伝えしたいのは1つです。

 このおばあさんのような年齢帯の方々には大手金融機関の肩書はまだまだ信頼度の高い位置づけであることが多いと思います。私のような立場を知ってもらう機会はなかなか難しいです。こうした文章を見てもらう機会もほぼゼロです。

 ですので大事なのはこの文章を見てくださった方々の両親や親族や身近におられる方々には十分な注意喚起をしてもらいたいんです。


 提案を受けたり、資料を受け取るのは自由です。でも、その提案内容や資料を受け取ってすぐに契約してしまうことのないようにワンクッション、相談してもらう流れにしたいたいんです。

 ここでの相談というのは私、京極・出町FP相談への相談ということではなく、身近におられる方々への相談です。
 身内にきちんと説明できないようなものは加入・契約・購入する必要のないものです。これは言い切れます。

-----

 高齢者の方々に金融機関の営業担当さん以外にも相談できる専門家が世の中には存在するということを知ってもらうには、webでの情報発信では伝わりません。
 新聞や折り込みやポストインでのチラシなどが常時届くような仕組みで、「見慣れている」存在にまでならないといけません。

 それだけの手間暇と広告料を私が負担するとして、それを回収するためには相談報酬をアップしないといけなくなりそうです。というわけで、この記事をお読みくださった皆さま、身近な方々への声がけはたいせつです。

 大きなことはできません。
 まずは手の届く範囲の方々のお役に立てるよう、地道にがんばってまいります。


 ゆうち〇銀行の「貯金・保険」カウンターは一緒にせず、貯金カウンターと保険カウンターにぜひ分けてもらいたいです。

 <過去参照記事> お客さまサービス部という肩書


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)