FC2ブログ

SBI証券iDeCoの「除外対象となるファンド」と「除外とならない運用商品」の雑感


 私の記録用記事です。
 諸々の都合上、具体的な商品名は意図的に出していません。

-----

 iDeCo(個人型確定拠出年金)を長く取り組んでいる金融機関は限られます。
 口座管理手数料の安価な条件でいえば、この2年ほどで一気に増えましたけれど、私がiDeCo(当時は個人型DC)を始めた2007年当時の選択肢はかなり限定的でした。

 いくつか少ない候補の中で投資信託の取扱数が圧倒的に多かったのがSBI証券です。
 一応書いておきますが、多いことが良いことというわけではありません。競争相手が増えてきたことで、SBI証券はこれまで増やし続けてきたこともあって、今は元本確保型(預金)も含めると67本もの取り扱いがあります。

 
 2018年5月1日に施行された「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」では、これを35本以下にすることが求められています。この施行に伴い、動きがありました。
 運用方法の選定・提示に関する基準の見直しに伴う除外予定ファンドのご案内
 
 「除外対象となるファンド」と「除外とならない運用商品」が出揃っています。
 投資信託について気になったことをまとめておきます。

-----

■国内株式

・純資産1000億超2本を除外して信託報酬の低廉な純資産20億円台を残す日経225
・企業型DCでも本当によく見るアクティブ型の日本成長Fはやっぱり除外されない
・「初期メンバー」と言っても良い旧型信託報酬の日経225・TOPIXのインデックスが除外


■国際株式

・国内株式インデックスと同じような切り口なら先進国インデックスをもう1つ減らせたはず
・アクティブが2本除外されたことで新興国対象はインデックスのみに
・新興国アクティブがなくなったことで最も高い信託報酬となった先進国アクティブは除外されず


■国内債券

・2本のうち信託報酬が高く純資産の小さいものが順当に除外


■国際債券

・先進国債券は6本あったうち、思い切って5本を除外
・信託報酬が同じでも0.1%販売会社の取り分が大きいために純資産の少ないほうが残る先進国インデックス


■国内REIT

・純資産が小さくても信託報酬の低いものを残すインデックス
・アクティブは思い切って除外


■国際REIT

・インデックスで純資産100億超を除外し、約16億円でも信託報酬の低廉な商品が残る


■バランス

・信託報酬の低廉なインデックス型5本が残されたことは評価
・愛称のついているアクティブ型2本は除外されてほしかった
・いわゆるターゲットイヤー型4本を残す必要はあったのか


■コモディティ

・高コストでコモディティの象徴的な1本が除外
・金(gold)は残った


-----

 もう一度使いますけれど「初期メンバー」(笑)ともいえる「EXE-iシリーズ」のうち何本かが除外対象なのも感慨深いです。

 最終的に35本以下になる必要があるはずなのですが、現状の「除外とならない運用商品」は定期預金を含めて38本です。2023年までに調整が進んでいくなかで、追加で除外対象が発表されることになるのでしょうか。個人的にはターゲットイヤー型やアクティブ型から選ばれることを願っています。

 <2018.8.24追記>
 ターゲットイヤー型は4本残ります。この4本は1グループとみなされて1本扱いだそうです。ツイッターでとある専門家さんが教えてくださいました。本当に知りませんでしたので勉強になりました。
 <追記ここまで>
 

 SBI証券のiDeCoを使っておられる方々で、除外対象の商品を保有されている場合にはSBI証券から案内が郵送されるそうです。
 私の相談者さんの中にも該当される方々がおられます。継続フォローの依頼をくださっている方々を優先して、対応方法と考え方を順次連絡していく予定です。

 対応は急を要するものではありません。私なりにきちんとまとめたうえでご連絡していきますので、あわてず焦らずお待ちください。

 <京極・出町FP相談オフィシャルサイト> 確定拠出年金相談継続フォロー



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)