FC2ブログ

有料金融講座と「お金の知識を実践的に学べる場」


 今月初めにこんなニュースが出ていました。
 野村証券が有料金融講座、11月から 受講料は15万円

 取り組みそのものは最大限に称賛したいです。
 金融機関、しかも証券最大手が有料講座をきちんと力を入れてという部分はすごいことだと思います。


 ただ、怖い面もあります。

 野村証券さんは「大学に無償で提供してきた冠講座」で「社会人のための金融経済講座」を2017年に開講(寄附)されていました。
 この寄附講座は「2025年には超・高齢化社会を迎えると言われる日本では、社会保障の破綻や際限のない増税が懸念されております」という不安あおり系だったんです。不安をあおって金融商品の提案につなげる図式しかイメージできないのはもう残念すぎるわけです。


 今回の有料金融講座は記事によると「年金や介護、相続などお金の知識を実践的に学べる場」ということで、サイトも確認してみました。
 野村金融アカデミー

 「ビジネスに成功されて資金的な余裕もあり、経済知識も豊富な方からも、いざ自分のこととなると不安や疑問の声が寄せられることが多くあります」
 「親や自分の資産をしっかりと承継したいけれど、ポイントが正直分からない。」


 …。対象が見えてしまったわけです。90分×18回で15万円(初シーズンはアンケート回答があるので75000円)はそれなりに高額です。対象がそういうことだったということです。

 ねんきん定期便を「年金定期便」と記載したり、全カリキュラムを見てみると生活に密接するお金がテーマのときと、資産運用がテーマのときで明らかに文体が違ったり、個人的にはぶつ切りな講座になってしまう懸念を持ってしまうわけですが、次回以降の開講に向けて公開されるであろうアンケート結果をものすごく楽しみにしています。

 <過去参照記事> 社会保障(社会保険)の理解があってこその投資・運用


 ちなみに第8回「保険の再設計」では友人(すみません!)の後田亨さんが登壇されるようです。

 <過去参照記事> ”生命保険は「入るほど損」?!”読みました。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)