FC2ブログ

いわゆるリタイア後世代のキャッシュフロー表は現実性が高い


 先週後半以降の相談対応のまとめ(抜粋)です。

-----

 大阪某所の管理責任者Nさんを訪問。Nさんご自身の住まいの火災保険、従業員さんの個人賠償責任保険、従業員さんの福利厚生や退職金積立、今後のサポートの段取り確認、こんな流れの対応となりました。

 法人にはさまざまな専門家が関わります。税理士さん、社労士さんなどがまず身近でしょう。ファイナンシャルプランナー(FP)は代わりに手続きできませんし、個別具体的な対応は難しいのですが、他の選択肢や視点を知っていただける意味合い、そして他の専門家とは異なる専門性もあるわけですから経営に近しい方々にとってうまく使ってもらえる専門家の1つだと日々感じます。

 Nさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 上京区のHさん宅を訪問。相続が発生され、今後の対応の流れを中心に生活とお金の考え方についてアドバイスを求めてくださいました。

 いわゆるリタイア後世代のキャッシュフロー表は現実性が高いです。主たる収入である公的年金の受取額が明確だからです。現役世代では当然ながら勤労による収入が主たる位置づけで、長期にわたって正確な見通しが立てられる人は少ないと言えます。生活費も住宅を購入したり子どもさんの進学がどうなるかなどもリタイア後世代にはありませんから現役世代よりも見通しが立てやすいです。

 年間の使えるお金はこのくらいが余裕のある幅で、もちろん多少の前後は問題ありませんが、大きく逸脱する場合には前後で調整する必要が出てきますので、このあたりを具体的に知っていただけて良かったです。

 この数値(金額)情報は今の生活をそのまま維持した場合のものです。今回で言えば大きな見直し点はありませんでしたが、数点ありましたのでこれらが変われば数字は良い意味で違ってきます。

 Hさん、ありがとうございました!!
 引き続きよろしくお願いします!!

-----

 とある分野に特化しておられる同年代の不動産業者さんとお昼ご飯をご一緒しました。以前から何度も別件で顔を合わせていまして、街で偶然バッタリということもありましたが、いわゆるサシは初めてでした。

 京都に根差している部分が同じですので話題がおもしろいんです。私の相談者さんが関わるイメージはなかなか持てない分野なのですが、地元京都の情報はたいせつにしたいですし、いつの日か一緒に仕事できることもあると思っています。失礼ながら電話対応を聞いていてもまっとうですし、こういう信頼性・信頼感、大事です。


 20(土)個別相談2件お受けします。
 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)