FC2ブログ

損害保険も保険証券や加入時に受け取った資料は残っていますでしょうか / 2019年1月検定向けFP3級資格取得講座<第6回目>


 23(火)、京都リビング新聞カルチャー倶楽部主催 2019年1月検定向け「FP3級資格取得講座」第6回目の講師を務めました。

 今回で14シーズン目(計22回目)、火曜13時~15時の115分(休憩5分)の講座で、12月下旬まで14週連続(約3ヶ月)の長丁場です。

 <第6回目の項目>
 リスク管理③
 ・火災保険・失火責任法と地震保険
 ・自動車保険と自賠責保険
 ・個人賠償責任保険と傷害保険・自転車保険
 ・生命保険・損害保険と税金
 ・保険契約者の保護
 ・【番外編】生命保険の実務


 自分自身の加入している保険商品の内容を把握していない人は(残念ながら)多いと思いますが、生命保険は熱心に提案したり見直しを勧めたりする人や無料相談の広告なども多いので考える機会はそれなりにあるように思います。
 最近は地震や台風・水害などの自然災害も身近に感じる機会が多く、関心度も高まっているように感じますが、損害保険は生命保険以上にもっとわからないことになっていないでしょうか。

 特に身近な火災保険・地震保険や自動車保険には実務上のチェックポイントはいくつもありますので、まずは仕組みの基本を把握することがたいせつです。保険証券や加入時に受け取った資料は残っていますでしょうか。

 話題の自転車保険。自治体によっては加入の義務化などが進んでいるため質問も増えていますが、相手にケガをさせてしまったときなどを補償する個人賠償責任保険と自分やケガをしたときの傷害保険を理解できていれば複雑に感じる場面も減るように思います。
 <過去参照コラム>京都市では平成30年4月1日から自転車に乗る場合、保険の加入が必要です。


 そして税金の面の把握もたいせつです。保険料と控除、保険金と各種税金の関係は保険商品と深く関わりますので、たいせつなポイントです。
 所得と控除の関係は4つ目の課目のタックスで、生命保険金などによる相続や贈与は6つ目の課目の相続で詳細に取り上げますので、まずはイメージをつかむところが大事です。


 受講者さんから「実生活に役立つので大変参考になりました」「身近な話題で興味深かったです」と嬉しい感想もいただきました。日々相談をお受けしているからこそだと思っています。

 損害保険について、これまでたくさん記事を書いています。
 <参照blogカテゴリ>損害保険
 ご参考になりましたら幸いです。

 次回は3つめの課目、金融資産運用に入ります。
 皆さま、今回もお疲れさまでした!次回もよろしくお願いします!

-----

 25(木)個別相談2件お受けします。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)