FC2ブログ

教育資金の積み立て、2割を投信?残りは預金?


 こんな記事が日経に出ていました。



 このリンク先は会員登録が無いと読めないのですが、後日こちらで誰でも読めるページになっていました。

 教育資金の積み立て術 2割を分散型投信、残りは預金

 費用で気になったことはツイートで取り上げていますので、見出しについてシンプルに書いておきたいと思います。

-----

 「積立資金の2割程度を運用に回すのが妥当」

 この件、皆さんはいかが思われますでしょうか。

 記事とは異なる金額例を出してしまって恐縮ですが、子どものために月15000円積み立てているとします。
 生まれてすぐから大学に入るまで18年間とすると、総額は約324万円です。
 この月15000円の2割、3000円を投資信託、残り12000円を預金ということです。
 総額で言えば64万8000円を投資信託、残り259万2000円を預金です。


 この割合が妥当かどうか私にはわかりません。
 ほとんど増えないといっても学資保険も否定はしません。途中で親に万が一のことがあった場合、投資信託だとそこまでの積立額ですけれど、保険だと積み立てがストップしても保険金額が教育資金として出てきます。死亡保障は別途きちんと加入して備えておくことで積立と保障は切り離して考える必要があるという選択肢もあります。何が正解かは将来になってみないとわからないわけです。

 でも、これだけはお伝えしておきたいです。
 目的別に積立額を決め、それぞれで預金と運用の割合を決めるようなやり方だと管理が複雑になり、訳が分からなくなる傾向を感じます。私のお勧めは家計の資産(貯蓄)全体で考えるということです。

-----

 お金に名前はついていません。名前を付けて確保しておきたいのは緊急予備資金(生活防衛資金)です。それ以外は自由で良いんです。

 投資信託をはじめとする運用商品だって苦手な人、多いでしょう。この日経の記事だけ読んで(判断する人は多くないと思いますけれど)、自分で調べても継続性の望めない投資信託を選んでしまうことがあるかもしれませんし、金融機関やファイナンシャルプランナー(FP)に相談しても勧められるがまま自分では理解できていないものを持ってしまうことになるかもしれません。実際に教育費として使う直前にリーマンショックのようなことが起こってしまった場合、理解できていない商品だったらその時にどうして良いか困ってしまうことがあるかもしれません。


 いつものポジショントークとして書きます。
 教育資金、確かに大事です。老後資金、まあ大事でしょう。住宅購入資金、考えないといけないですよね。
 でも、何を優先したいのかの交通整理が1番大事だと思うんです。

 複数の人(専門家)に相談してみて自分や家族に合った選択肢を見つけてもらいたいんです。1つ(1人)だけの相談は勧めません。
 繰り返します。正解は将来になってみないとわかりません。
 でも、さまざまな選択肢を知ったうえで選んでもらいたいと思うんです。

 お役に立てる機会がありましたら幸いです。


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)