FC2ブログ

勧められたものではなく自分に必要なものを買う


 5月下旬に大阪でセミナーを受講してきました。

 インベストライフ講演会「お金と心」
 先日感想を書きました「お金と心」の著者岡本和久さんが講師のセミナーです。


 この本がセミナー資料で他に配付資料はなく、本の内容から抜粋された資料がプロジェクターで前に写し出される形式での進行でした。トピック的な内容を書き出します。

-----

・学び/働き/遊びの時代
・六つの富(ふ)
・開運の秘訣は表情
・時間軸・空間軸と品格

・お金は感謝のしるし
ハッピーマネー四分法とピギーちゃん
・72の法則

・誤解される「トーシ」という言葉
・預金から投資へ
・「かんたんすぎる」資産運用
・人生を通じての資産運用の目的は「購買力の維持+アルファ」
・時間は最大の武器
・株式は増価証券
・インフレ率と実質リターン
・なぜグローバルなのか
・金融商品は勧められたものではなく自分に必要なものを買う

・全員が平均以上の運用益を得ることは不可
・資産運用は歯磨きのようなもの
・資金の引き出し方はどうする
・人生の楽しみはどこにでもある
・志を後世の世代へつなぐ超長期投資をしよう
・人が見えないところで徳を積む「陰徳」とおかげさま

-----

 3時間たっぷりのセミナーでしたので、投資との向き合い方「心」の部分のお話が多かったように思います。インパクトも強かったです。こういった内容を聞ける機会は通常のマネーセミナーではありえないと感じます。
 「かんたんすぎる」75文字の投資戦略は著書のp74にも記載されています。ぜひ著書をご参照ください。


 休憩時間や懇親会で耳に入ってきた話題から、いわゆる本当の初心者や一般の人は多くなくて長く岡本さんのファンであったりFP資格をお持ちだったりこういった会には欠かさず足を運ばれるような方々が大半だったのではないかと感じました。

 セミナー後の質問で個別具体性の強すぎる質問が出てくるのは資産運用に関係するセミナーではもう当たり前のようです。日々相談を受けている講師でなければ答えられませんし、日々相談を受けている講師でも質疑応答の短時間で答えられるわけがないというような質問です。3時間ものセミナーでも出てきてしまうのが、やはり運用に特化したセミナーの特徴であり、一般の方々が参加をためらう背景になってしまっているように感じます。質問されている人が初参加の初心者の人とはいつも思えませんし…。


 岡本さんが主宰されている「長期投資仲間」通信インベストライフは毎月無料で非常に有益な情報を発信されています。毎月ボリュームたっぷりですので私もすべては目を通せていませんが、バックナンバーも読めますのでお勧めです。



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)